Close RECOMMEND

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

RUN FOR THE OCEANS アディダスのサステナブルラン

革命的なプロダクトから新たに発足するプロリーグまで、スポーツ業界を騒がせるビジネストピックを、AからZの図鑑形式で紹介。


ALLBIRDS オールバーズの低炭素シューズ

null

サステナブルな素材を使ったシューズを展開する新進ブランドのオールバーズが、スニーカー世界最大手のアディダスとのコラボで、地球環境に優しいランニングシューズを開発した。「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」は、生産時のCO2排出量を、1足あたり2.94kgCO2e(二酸化炭素換算)まで抑えることに成功。12月に数量限定で一般発売される。

BETTING スポーツベッティング

null
Lars Baron/Bongarts/Getty Images

勝敗やスコアなどを賭けるスポーツベッティング。欧州を中心に楽しまれているが、米国やアジア圏などでも徐々に合法化の動きが進んでいる。日本では現在、競馬、競輪、オートレース、競艇のみが賭けの対象となっているほか、かたちは異なるが、2000年にサッカーくじの「toto」が導入。22年にはプロバスケットボールリーグのBリーグにも導入される見通しだ。スポーツ振興の財源として、クラブチームにとっては新たな収益源として期待される。

CYBERAGENT サイバーエージェントのスポーツ事業

null

J2町田ゼルビアの経営参画など積極的にスポーツへの投資を行うサイバーエージェントは、麻雀のプロリーグ「Mリーグ」の旗振り役でもある。社長の藤田晋自ら初代チェアマンを務め、企業チーム「渋谷ABEMAS」がリーグ参戦。AbemaTVで対局を配信するなど、国際マインドスポーツである麻雀の普及にひと役買っている。

DMM DMM.comのJ1福岡経営参画

null
(c)avispa fukuoka、(c)DMM.com Grou

2021年4月、合同会社DMM.comが、サッカーJ1アビスパ福岡の経営参画を発表。同社はすでにベルギーのサッカー1部リーグ、シント=トロイデンVVを経営しており、日本人やアジア人選手の積極的な登用、人材育成を進めている。今後は両クラブの連携強化を図り、ビジネス面での日欧ネットワーク構築も目指す。

ESPORTS 史上初の五輪eスポーツ大会

null
Clive Rose - Gran Turismo/Gran Turismo via Getty Images

東京オリンピック・パラリンピックのプレイベントとして「オリンピックバーチャルシリーズ」が今年5〜6月に開催。「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」を採用した野球や、「グランツーリスモSPORT」を使ったモータースポーツをはじめ、自転車、ボート、セーリングを合わせた5種目が行われた。

FRONTALE 川崎フロンターレの経営力

null
Masashi Hara/Getty Images

この4年で3度J1リーグで優勝し、圧倒的な強さを見せるサッカーJ1の川崎フロンターレ。Jリーグの資料によると、優勝賞金などのリーグ配分金のほか、物販収入も高い一方で、人件費を含めた営業費用は抑えられており、バランスの取れた経営状況である。コロナ禍でリーグ全体が落ち込むなか、経営面でも強さを発揮している。

文=Forbes JAPAN編集部、杉山大祐(ノオト)

PICK UP

あなたにおすすめ