Close RECOMMEND

市場とジェネレーションYのお金に関する差し迫った問題に注目

「We Care Solar」の共同創業者 ローラ・スタチェル(Getty Images)

上下関係、ジェンダー、社内外の枠組みなどに縛られずに、チームや組織、あるいは業界に多くの実りをもたらした女性たちは、何を考え、どう行動したのか。

Forbes JAPANでは、これまでの考え方や既存のシステムを超えて活躍する女性にフォーカスした企画「Beyond Systems」を始動。翻訳コンテンツを含めたインタビュー記事を連載していく。



ローラ・スタチェル(Laura Stachel)は、産婦人科医として長年にわたって患者の治療にあたってきたが、医師として致命的な神経疾患により、そのキャリアには終止符が打たれた。彼女はその後、社会起業家に転身。立ち上げた非営利組織「We Care Solar」では、太陽光発電によるエネルギーで、世界中の人がより安全に出産できることを目指している。

挫折を乗り越え、いま「オンコールの産科医だったころと何ひとつ変わっていない」と語る彼女の軌跡とは。


帝王切開の途中で停電


産婦人科医のスタチェルは2008年3月、ナイジェリアにあるコファン・ガヤン州立病院の分娩室で、圧倒的な無力感に襲われ、立ちすくんでいた。

1985年に医師になったスタチェルは、その日に至るまでの20年以上を、赤ちゃんと妊産婦のために費やしてきた。つまり、医師としての知識や経験が足りないわけではなかった。スタチェルが直面していた問題ははるかに単純なものだった。ナイジェリアで電力使用が制限されていたせいで、夜更けの病院が停電になってしまったのだ。

「停電になった病院を思い浮かべてみてください。出産を助ける者は、灯油ランプの下で手術をし、ろうそくの明かりを頼りに点滴針を刺さなくてはならないのです。外科医は、日没前に急いで手術を終わらせなくてはなりません」とスタチェルは言う。

「私が帝王切開を行っている最中に停電が起きたのです。目の前には手術中の患者がいて、出血していました。けれども、暗くて手元さえ見えなかったのです」

スタチェルはそのとき、医療人類学プログラムの一環でナイジェリアにいた。彼女にとっては第2のキャリアの幕開けとなるはずだった。

彼女は40代半ばで椎間板変性を患った。そのせいで腕の神経が圧迫されてしまい、外科医やオンコール産科医として仕事を続けることができなくなった。そこでスタチェルは、医師免許に加えて公衆衛生学の修士号を取得することにした。

翻訳=遠藤康子/ガリレオ

BEYOND SYSTEMSーWomen 2021
VOL.16

1人でファンドを立ち上げた女性VCが、「働くこ...

VOL.18

ロジカルに夢を実現。ハーバード卒の弁護士が...

PICK UP

あなたにおすすめ