Close RECOMMEND

.

Getty Images

ネットフリックスの人気ドラマ「イカゲーム(Squid Game)」にインスパイアされて作られた暗号通貨の価格が11月1日に暴落した。ニュースサイトGizmodoは、このプロジェクトの背後にいる詐欺師たちが、推定210万ドル(約2億4000万円)を持ち逃げしたと報じている。

CoinMarketCapのデータによると、10月20日に発行されたSquid Gameトークンと呼ばれる暗号通貨の価格は一時、2861ドル以上に達したが、11月1日早朝(米国時間)に急落し、15分間で約60億ドルの時価総額が失われた。

【関連】メタバース関連の暗号通貨が急騰、時価総額1.5兆円突破

Squid Gameトークンの開発者は、11月に開催予定のイカゲームのビデオゲームのトーナメント内で、この通貨を使えるようにすると述べていた。しかし、彼らは突然プロジェクトを停止し、Tornado Cashと呼ばれるプロトコルで取引の詳細を隠した上で、約250万ドル相当のバイナンスコインを現金化したことがウォレットの動きから判明し、暴落が発生した。

このトークンのウェブサイトとソーシャルメディアのアカウントは、すでにアクセスできない状態だ。ツイッターの彼らのアカウントのSquidGameBSCにアクセスすると、「注意: このアカウントは一時的に制限されています」とのメッセージが表示される。

Squid Gameトークンの価格は先週から急上昇したが、CoinMarketCapは10月29日、複数のユーザーがこのトークンを取引所で売却できないと報告したことを受けて、注意喚起を行っていた。「このトークンが、ネットフリックスの番組にインスパイアされたものであることは明らかだが、公式のものである可能性は低い。取引を行う場合は、自身でデューデリジェンスを行い、注意を怠るべきではない」とCoinMarketCapは書いていた。

Squid Gameトークンは、プロジェクトや創設者に関する情報がほとんどないにも関わらず、31万%もの急騰を記録した。この暗号通貨のウェブサイトには、イカゲームをベースにしたオンラインゲームが11月に開始されると書かれていたが、一部のユーザーはこのプロジェクトのホワイトペーパー(トークンの仕様などを説明する計画書)に、複数の文法やスペルの誤りがあることに気づいていた。

また、創設者たちのSNS上のプロフィールも存在しなかった。このトークンのプレセールは、10月初めに開催され、「一瞬で完売した」とホワイトペーパーには書かれていた。

暗号通貨市場全体の時価総額は、11月1日時点で2.6兆ドルに達している。機関投資家の参入や、インフレ懸念を追い風に、暗号通貨の時価総額は過去1年間で6倍に上昇した。

【関連】「ビットコイン2億ドル以上」の資産、パスワード紛失でアクセス不可に

編集=上田裕資

韓国映画

PICK UP

あなたにおすすめ