Close RECOMMEND

Crypto & Blockchain

illustration by Chesnot/Getty Images

フェイスブックが10月28日、社名をメタ(Meta)に変更し、仮想空間メタバースへの取り組みに注力すると発表したのを受けて、メタバース関連の暗号通貨の価格が急騰した。

CoinGeckoのデータによると、このカテゴリの暗号通貨の時価総額は、フェイスブックの発表から18時間で262.9%上昇し、134億ドル(約1.5兆円)を記録し、その後も上昇が続いている。

イーサリアムのブロックチェーンを利用した仮想空間Decentraland(ディセントラランド)で使用される暗号通貨のMANAや、2620年の宇宙が舞台のメタバースで行われるオンラインゲーム「スターアトラス」内で使われるSTARLなど、この分野で最大級の6つのコインの価格が、1日で50%以上の上昇となった。

そして、最も上昇率が高かったのは、マインクラフトのゲームエンジンとイーサリアムのブロックチェーンで構築される仮想宇宙のトークンであるETHV(Ethverse)で、112.8%の上昇となった。

また、75億ドル以上の売り上げを記録したNFTベースの人気ゲーム「アクシーインフィニティ(Axie Infinity)」のトークンも11%上昇した。

フェイスブックの株価は29日、同社の仮想空間への賭けを反映して、1.5%という小幅な上昇で終了した。今回の社名変更は、同社に対する批判が高まる中で行われた。

今回の発表に先立ち、フェイスブックは、メタバース事業の発展のために今年少なくとも100億ドルを投じ、今後5年間で欧州で1万人を雇用すると述べていた。フェイスブックのティッカーシンボル(銘柄コード)は、12月1日にFBからMVRSに変更される。

編集=上田裕資

仮想通貨NFT

PICK UP

あなたにおすすめ