Close RECOMMEND

Aleli Dezmen / Getty Images

新たな1週間の労働を始める際に感じる不安を指す「日曜日の恐怖」は、これまでにないほど高まっている。

米キャリアサイト「モンスター」の最近の調査によると、3分の2近くがこうした感覚を持っていると答え、新型コロナウイルス感染症の流行によりこうした感覚を持つようになった、あるいはこうした感覚が悪化したと答えた人は半分近くいた。日曜日の恐怖はミレニアル世代やジェネレーションZ世代の間でさらに一般的で、80%近くが週末の恐怖を体験している。

従来型の週5日勤務制は100年以上にわたり存在しているが、この感覚が以前よりはるかに日常的になったのはなぜだろう?

ベストセラー作家で『Own It. Love It. Make It Work: How to Make Any Job Your Dream Job (責任を持ち、愛し、うまく行かせること どんな仕事も夢の仕事にする方法)』を執筆したカーソン・テートは「新型コロナウイルスの流行により、多くの労働者は存在する意味を見失った」と述べた。

「従業員が仕事について振り返る中、多くは仕事が自分の価値観と合っていないか、仕事から喜びを得られないことに気づいた」(テート)

1週間の勤務日数削減を求める人は多く、実際に導入した企業もある。しかし、こうした例外を除き、大半の人は起きている時間の約3分の1を仕事に費やしている。テートは「仕事に充実感がない、あるいは意義ややりがいが欠けているようであれば、人生の他の部分での感情や心の健康に対する悪影響を埋め合わせることは難しいかもしれない」と述べた。

ここでは、日曜日の恐怖を克服して1週間に備え、仕事でより充実感を感じるためにテートが授ける4つのコツを紹介する。

1. リセットする


日曜日の恐怖を既に感じている場合、テートは呼吸や笑い、動くことを通して感情と体をリセットすることを勧めている。「呼吸法を実践すれば、脳を落ち着かせ、現在に再び集中することができるだろう」とテート。「笑いは感情の状態を変化させる特に効果的な方法の一つで、動くことはネガティブ、あるいはつらい感情を体から押し出す強力な方法だ」

体系化された呼吸訓練を行なったり面白いインターネットミームをいくつも見たり、短い時間散歩をしたりするなど、リセットすることで日曜日の夜の流れが変わるだろう。

翻訳・編集=出田静

メンタルヘルス

PICK UP

あなたにおすすめ