Close RECOMMEND

I write life and career advice for twentysomething women.

Getty Images

さまざまな可能性やグレーゾーン、不確実性に満ちた事柄については、決断を下すのが極めて難しい。混乱と苦難の中で確信を得ることはできないが、手元にある情報を使い、できる限り最良の決断を下すことはできる。以下に、難しい決断を下す際にとるべき4つのステップを紹介する。

1. 事実に従う


自分の置かれた状況について、適切な背景情報を読み、専門家の意見を聞くこと。感情や先入観をできるだけ排除し、この情報を可能な限り客観的にかみ砕こう。自分の決断に伴うリスクを理解することが重要だ。

2. 自分の目標と主義を考える


仕事であれ、私生活であれ、自分の決断を、全体的な目標と照らし合わせる必要がある。例えば、仕事の内容は好きだが会社と反りが合わない場合、競合他社へ移るリスクと、転職に伴い諦めなければならないものについて理解する必要がある。

3. 信頼できる人に相談する


難しい決断を迫られた時、信頼して相談できる人たちがいることが重要だ。特に、厳しい意見もぶつけてくれる人が必要になる。こうした人は、決断にあたり、新たな視点を与えてくれるかもしれない。しっかりとした論理に基づいた決断が重要だ。

4. 期限を設定する


決断の内容とほぼ等しく重要なのは、自分で決めることだ。時間や他人、他の出来事に決断をさせてはいけない。たとえ間違った判断をしてしまったとしても、受動的ではなく能動的な間違いの方がよい。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ