Getty Images

植物ベースの人工肉を作る食品メーカー「ビヨンドミート(Beyond Meat)」の株価は、第3四半期の収益見通しが悪化したことを受けて、10月22日の市場で13%近く急落し、約1年ぶりの安値をつけた。同社は、成長の鈍化と他ブランドとの競争の激化を投資家に警告している。

11月10日に決算発表を行うビヨンドミートは22日、第3四半期の収益を1億600万ドルと予想した。これは、ウォールストリートのアナリスト予想の1億3500万ドルを大幅に下回る数値だ。

同社の株価は今年に入り25%下落しているが、成長が鈍化した原因は新型コロナウイルスのデルタ株や悪天候の影響に加え、労働力不足による流通の遅れにあるビヨンドミートは述べている。

投資家たちは当初、代替肉のカテゴリーにいち早く参入したビヨンドミートに期待を寄せていたが、競争が激しさを増す中で、同社の成長には陰りが見えている。

ビヨンドミート株の空売りを開始した投資会社ValueWorksの創業者のCharles Lemonidesは、前四半期の1億4900万ドルから1億600万ドルへの減収は、同社のビジネスが重大な問題に直面している証拠だと述べた。

代替肉への消費者の関心が高まっているにもかかわらず、ビヨンドミートは競合のインポッシブルフーズや、店頭のスーパーマーケットのブランドにシェアを奪われているという。

ビヨンドミートは、ブランドの認知度を高めるために赤字を出しながら小売店の棚を確保しているため、「実質的なマージンはゼロだ」とLemonidesは指摘し、「彼らはまったく競争力を持っていない」と主張した。

「売上が下がっているのに、それ以上の出費を続けているとしたら、何かが間違っている。この状況がすぐに改善されるとは考えにくく、この会社は当面の間、困難な状況に置かれることになる」

さらに、ここ最近のビヨンドミートの幹部の辞職が、同社の経営体制に疑問を投げかけているとLemonidesは述べている。前CFOのMark Nelsonは5月に退職し、COOのSanjay Shahも入社から2年足らずの9月初旬に会社を去っていた。

投資家は、ビヨンドミートの第3四半期の収益が1億2000万ドルから1億4000万ドルと予想されていた8月の時点で、同社の今後を懸念していた。同社の売上は、パンデミックの初期の2020年には急増したが、その後は減少し、外食産業からの注文は、レストランが再びオープンしたにもかかわらず、まだ完全には回復していない。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ