Close RECOMMEND

ネットフリックスCEO リード・ヘイスティングス(Ore Huiying/Getty Images for Netflix)

ネットフリックスは10月19日、第3四半期の業績を発表した。人気の新コンテンツが大幅に増加したことにより、加入者数の伸びと収益の増加は予想を上回った。

四半期の売上高は78億4000万ドルで、ほぼ予想通りとなったが、1株当たり利益は3.19ドルで、予想の2.56ドルを大きく上回った。この発表を受けて、ネットフリックスの株価は約2%上昇した。

年初の時点では精彩を欠いていたネットフリックスは、投資家の予想を上回る成長を示し、加入者数は、前四半期の2億900万人から2億1360万人に増加した。

競合のDisney+の加入者数は1億1600万人、HBO Maxの加入者数は6750万人で、ネットフリックスは米国の主要なストリーミング配信事業者と大きな差をつけている。

ウォールストリートのアナリストの多くは、ネットフリックスに対して楽観的な見方を示しており、第3四半期に配信を開始した韓国ドラマ「イカゲーム」の世界的な成功が、年末に向けて同社の業績を大きく押し上げると予測している。

ネットフリックスは、今年初めに、コンテンツに170億ドルもの費用を投じる計画を明かしたが、これは2020年に投じた118億ドル、2019年に投じた139億ドルを大きく上回る金額だ。

バンク・オブ・アメリカは、オリジナルコンテンツへの支出の増加により、ネットフリックスが、「短期的には厳しい状況にもかかわらず、力強い成長を取り戻し、第4四半期の加入者数の増加を促進する」と述べている。

クレディ・スイスのアナリストのダグラス・ミッチェルソンは、19日の業績発表の前に、ネットフリックスの第3四半期の業績悪化は「ありえない」と述べていた。一方、証券会社ベアードのアナリストのウィル・パワーは、「『イカゲーム』の成功を考慮すると、コンテンツは依然としてキングだ」と述べた。

ブルームバーグの報道によると、ネットフリックスは、わずか2140万ドルの制作費の「イカゲーム」が、同社に9億ドル近い価値をもたらすと社内で試算したという。

ネットフリックスの今年上半期の会員数は、わずか550万人の純増で、2013年以来で最低の伸びだった。しかし、ここ数ヶ月の間、同社の株価は好調に推移し、現時点で年初から22%の上昇となっている。

一部の専門家は、下半期には人気シリーズの復活や新作の投入によって業績が回復すると予測していたが、JPモルガンのアナリストのダグ・アンマスは、「ネットフリックスは予想以上に早い回復を見せた」と述べ、それが株価の上昇につながったと指摘した。

編集=上田裕資

ネットフリックス

PICK UP

あなたにおすすめ