Close RECOMMEND

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

GaudiLab / Shutterstock.com

適切な分析をおこなうためには、文章を深く読み込み、物事を深く考える必要がある。読解と分析は異なるものだ。読解は、目の前にあるものを理解する行為だ。一方、分析とは、目に見えないものを理解する行為といえる。分析的思考は、受動的ではなく、能動的な行為なのだ。

成功しているプロフェッショナルは、点と点を結びつけ、ギャップを見つける方法を知っている。目に見えないものを明らかにする方法を身につければ、チームはより効率的になり、前進の道が開ける。

優れた分析的思考のためには、目の前にあるテーマを、自分がすでに持っている他の知識と結びつける必要がある。それはつまり、概念を理解し、その概念が他の物事とどう関連しているかを理解するということだ。

優れた分析的思考を実践するための、5つのポイントを以下に紹介しよう。

1. 単語や専門用語の一つひとつから始めて、そのあと文を理解する。次に、その文がもつパラグラフやセクションのなかでの重要性を理解する。

文中の単語は何を意味しているのか? 文の意味は何か? パラグラフやセクションにおいて、その文はどんな役割を果たしているか?

分析的思考は、他者の視点をパーツに分解して、自分の視点から眺める能力だ。分析的思考により、誰かの主張の構成を解きほぐし、独立した考えをもつことができる。

2. 5W1Hを自分自身に問いかける。

単語や文を精査する時は、「誰がそう言っているのか?」「なぜそう言っているのか?」と、自分に問いかけよう。

誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どうやって、と問いかけることは、トピックについて深く考えるのに役立つ、包括的なアプローチだ。

3. ギャップを発見する。

読んでいる内容が理解できなかったり、「著者はどうやってこの結論に至ったのだろう」と考え込んだりした場合、そこにはギャップがあるかもしれない。何が欠けているのかを検討するチャンスだ。

ギャップを埋めるには何が必要かを考えてみよう。主張や取り組みを論理的なものにするために、取るべき次のステップは何だろう? 何を創造し、何を改善すればいいのか?

翻訳=的場知之/ガリレオ

PICK UP

あなたにおすすめ