Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

写真:カシオ計算機

カシオ計算機は10月20日から、CASIO (カシオ) 腕時計「G-SHOCKスクエアデザイン5600シリーズ」をベースに、パーツ約190万通りの組み合わせから「自分だけのG-SHOCK」をカスタマイズできる『MY G-SHOCK』サービスを自社サイト上で始めた。

「G-SHOCK」の初号機「DW-5000C」は1983年発売。以降、毎年多くのモデルが登場し、雑誌「OCEANS」の記事によると、その数は2017年8月時点で約3200以上という。また2018年時点で、単年での過去最高出荷数はオーストリアの人口とほぼ同じ約850万本、フェイスブックのフォロワー数は世界に約646万人。

40年近くにわたり多くのファンを魅了し、2021年10月時点で、世界累計出荷個数が実に1億3000万個を達成した。「G-SHOCK」が日本発の世界的プロダクトのひとつであることに、間違いはないだろう。

組み合わせは「6億5800万通り」……


さて、今回開始されたカスタマイズサービス『MY G-SHOCK』は、バンドやフェイス、ベゼル(文字盤を覆うガラス板の周りのリング状部品)、そして遊環(ベルトの余った部分を通す輪)といった部品の色を選び、自分好みのモデルが作れるという企画だ。製品のベースは、耐衝撃性の強い「カーボンコアガード構造」という。


カスタマイズ例(写真:カシオ計算機)

そのバンド、ベゼル、遊環にはそれぞれサービス開始時限定色を含めて19種類以上のバリエーションがある。たとえば「シングル遊環」を選択した場合、サービス開始時点の組み合わせ総数は約190万通りになるという。

さらに3つのループで構成される「トリプル遊環」を選択すれば、組み合わせ方は約6億5800万通りにもなる。ちなみに、あまりの選択肢の多さに迷うファンのためなのか、カシオ計算機のデザイナー推薦のカスタマイズデザインも用意されている。


写真:カシオ計算機

構成=石井節子

PICK UP

あなたにおすすめ