Close RECOMMEND

デジタル・トレンド・ハンズオン

アップル ジェフ・ウィリアムズ COO

アップルはいま「ヘルスケア」に関わる機能とサービスの充実に力を入れている。iPhone 13の発売に先がけて提供が始まった「iOS 15」には、3つのヘルスケアに関連する新しい機能がある。

なぜいまヘルスケア領域に注力するのか。その理由を、米アップルのCOO(最高執行責任者)であるジェフ・ウィリアムズ氏、ならびにヘルスケア担当 副社長のサンバル・デサイ医学博士に聞いた。

健康状態を「先回りして知る」流れ


アップルは2014年、iOS 8の標準アプリとして初めてヘルスケアをリリースし、以後iOSが更新されるたびに新機能を増やしてきた。現在はApple Watchのほか、アップルが提供する開発者向けAPI「HealthKit」と連携するサードパーティのデバイスやアプリを巻き込んだヘルスケアの大きなエコシステムに発展している。

iPhoneのユーザーはヘルスケアアプリを開いて、様々な数値やグラフを見ながら自身の健康状態をチェックできる。ヘルスケアと一口に言っても健康の維持と増進、病の兆候を知ることなどユーザーの期待は多岐にわたる。そして、多くの人々は自身の健康を知ることに対しては「受け身」であり、何かの大事が自分ごとにならない限りヘルスケアに思いが及ぶことが少ないものだ。

「ヘルスケアにおいては、連続的に変化を追うことで見えてくる兆候を把握することも大切だ」と、ウィリアムズ氏が強調する。

新型コロナウイルス感染症によるパンデミックを経て、以前に比べて多くの人々が自身の健康に強く関心を持ち、注意深く振る舞うようにもなった。アップルのヘルスケアに求められる機能や用途も変わりつつあるのだろうか。ウィリアムズ氏は次のように答える。

「多くの人々が日常持ち歩くスマートフォンやスマートウォッチは、今後ユーザーのヘルスケアにとってもっと密接な関係を築き、積極的な役割を担うと考えます。

Apple Watchは発売当時、ユーザーの健康増進意欲をかきたてるアクティブなデバイスになると私たちも確信しました。その後、機能やサービスの拡大とともにユーザーの健康的な生活を支援するための総合的な情報も集まりました。今後はユーザーが自身の連続した健康状態を把握して、先回りしながらケアできるデバイス、あるいは機能が求められると考えています」

文=山本敦

AppleアップルウォッチiPhone
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ