Close RECOMMEND

VCのインサイト

VCの仕事で最もキツいと感じることの1つが、断る・断られることです。実際のところ、仕事で相手から断られたり、逆に断らなければならなかったりすることは毎日のように起こります。起業家やVCとして何百億円も調達してきた経歴からは、そうは見えないかもしれません。しかし、華々しいプレスリリースで、自信にあふれた様子でCoralチームが語る成功の裏には、実は何百回も投資家から断られてきた背景があるのです。

最近クローズしたCoralの3号ファンドでも、ある投資家からは「規模を大きくしすぎだ」と言われ、また別の投資家からは逆に「まだ小さすぎる」と言われました。30億円の出資枠を条件として要求した投資家もいました。他の投資家とのやりとりを中断してまで、彼らの条件に寄せて交渉を粘ってみましたが、結局、最後の最後で出資を断られてしまいました。こういったことが、しょっちゅうあるのです。

起業家から断られることもあります。例えば、個人的に特に悔しかったのが、Andpadというスタートアップとの件です。その頃はまだCoral Capitalを立ち上げたばかりで、今ほどVCとしての力もなかったため、有望な起業家に選んでもらうためにはとにかく誰よりもハッスルするしかないと考えていました。Andpadに対してもまさにそのやり方でアプローチしました。当時はシードステージだったAndpadの起業家に私は何度もしつこく電話し、投資させてほしいと説得を試みたのです。しかし最終的には、電話にも出てもらえなくなってしまいました。予想通り、彼らは現在ビジネスで大成功していて、あのとき断られたことが今も心にトゲのように刺さっています。こういったことも、VCの世界では日常茶飯事です。断られるのも仕事のうちなので仕方ありません。

生きていく上で、断られるというのは誰もが避けて通れない道です。しかし、断る側も断られる側も、そのときの対応の仕方によって人生の方向が変わる可能性があります。相手の自分に対する評価に大きく影響するだけではなく、将来的に新しい機会が開かれるか、もしくは閉ざされるかを左右し得るのです。最後に与えた印象が、相手の記憶に最も残りやすいと言いますが、断られた側にとっては特に忘れ難い記憶になるでしょう。どういう気持ちにさせられたかを、相手はよく覚えているものなのです。

だからこそ、断る・断られる場面では特に対応に気を配る必要があります。Coralでも、相手を断らなければならないときの対応について真剣に取り組んでいます。

たとえば、起業家にアンケートを送り、Coralとの対話でどのように感じたかについてフィードバックをお願いしています。そしてフィードバックの評価が芳しくなかったチームメンバーに対しては、全社ミーティングで取り上げて説明を求めます。もしかしたら米国企業的で行き過ぎたやり方だと感じているチームメンバーもいるかもしれませんが、個人的には必要不可欠なプロセスだと考えています。

たとえそのスタートアップに投資しない結果に終わったとしても、検討や対話の中で起業家がどう感じたかは非常に重要なのです。起業するというのは、極めて困難で険しい道のりです。そんな目標に挑戦することを選んだ勇気ある起業家には、私たちも相応の敬意や誠意を示すべきなのです。

文=James Riney

資金調達
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ