Close RECOMMEND

.

右:キャシー・ウッド / Getty Images

アーク・インベストメントを率いる著名投資家のキャシー・ウッドは、9月に6億ドル以上のテスラの株式を売却し、その代わりにコインベースやロビンフッドなどの最近値下がりしている銘柄に投資していた。

アークの日次取引報告書によると、同社のファンドは先週、テスラ株をさらに38万1000株(約2億9700万ドル相当)売却し、9月の売却額の総額が約6億570万ドルに達した。

同社が9月中に最も売却した銘柄はテスラだったが、シンガポールのインターネット企業Seaや、スイスの製薬会社ノバルティス、工業用オートメーション企業テラダインの株式の売却額も、合計で5億8300万ドルに達していた。

アークは、これらの銘柄の代わりに、ここ2週間、今年上場したばかりであまり好調ではない新規銘柄を買っていた。その中でも、暗号通貨取引所コインベースに1億4300万ドル(約159億円)を投資したが、コインベースの株価は、暗号通貨市場の低迷の中で4月の上場から34%も下落している。

ウッドは先月、暗号通貨に批判的な投資家たちに反撃し、ビットコインが単なる価値の貯蔵庫や「デジタル・ゴールド」をはるかに超えるものだと述べ、今後5年間でビットコインの価格が現在の4万ドル強から50万ドル以上に急騰すると予測していた。

アークはまた、昨年パンデミックの懸念が高まった際に上昇したものの、その後は最大50%も下落した一連のハイテク銘柄にも投資している。同社は、ニューヨークに本拠を置くルーマニア発のオートメーション企業UiPathに約3億2000万ドルを投資した。

また、ストリーミング企業のRokuやビデオ会議のZoom、遺伝子検査企業のInvitaeにそれぞれ約1億6000万ドルを投資した。

アークは特定の取引についてのコメントを控えているが、報告書によると同社の先月の上位購入銘柄には、家庭用ヘルスケア企業のSignify Health、オンライン証券会社のロビンフッド(こちらも暗号通貨関連)、スポーツ賭博企業のDraftKingsなどが含まれていた。

アークのETFは苦戦中


しかし、「破壊的イノベーション」にフォーカスするウッドの投資戦略に、ウォール街は懐疑的な見方を強めている。ブルームバーグの分析によると、運用総額が250億ドル規模の同社の旗艦ETF「アーク・イノベーションETF」から過去3ヶ月間で流出した資金は、10月1日時点で約20億ドルに達し、四半期ベースで過去最悪の資金流出となった模様だ。

アーク・イノベーションETFは、2020年にプラス150%近い実績をあげたが、今年のパフォーマンスはマイナス約11%となっている。

一方で、2007年の住宅市場の暴落を予言し、マイケル・ルイスのベストセラー「世紀の空売り」に取り上げられた有名投資家のマイケル・バリーが率いるヘッジファンド「サイオン・アセット・マネジメント」は先月、3000万ドル相当のアーク株のプットオプション(株価が下落した際に利益が出るオプション)を保有していることを開示していた。

編集=上田裕資

テスラ

PICK UP

あなたにおすすめ