Close RECOMMEND

I am your guru for cybersecurity/fintech/Bitcoin SEC/CFTC/FTC/OCC.

Getty Images

新型コロナウイルスのパンデミックのさなか、米国では高齢者を標的にしたロマンス詐欺が急増したことが、2021年9月23日に開かれた米上院高齢化委員会で報告された。

求婚者を装った詐欺師から高齢者が被った被害額は、2020年に連邦取引委員会(FTC)に報告された分だけで1億3900万ドルに上り、2019年の8400万ドルを上回った。

パンデミック中に蔓延した孤独や孤立感は、とりわけ高齢者を脆弱にした。人との触れあいに飢えていた彼らは、電話口から聞こえてくる親し気な声や、フェイスブックでの誘い文句を拒否できなかった。高齢化委員会の委員長ボブ・ケイシー(民主党・ペンシルベニア州選出)はそう述べている。

「高齢者が社会的に孤立しがちであるのは今に始まったことではないが、パンデミックによってそうした状況は悪化した。詐欺師はここぞとばかりに、その弱みに付け込んだ」とケイシーは言う。

ケイシーはさらに、家族や友人と連絡を取り合う機会が減ったせいで、小さな詐欺が大きな詐欺に発展しやすくなり、いかさまの治療法を売りつけられたり、財産をだまし取られたりすることにつながったと続けた。

同委員会ランキングメンバー(少数党筆頭委員)である共和党上院議員ティム・スコット(サウスカロライナ州選出)は、高齢者を標的にしたロマンス詐欺が大幅に増加したことに関して、高齢者は孤立して孤独感を感じており、ロマンス詐欺のような詐欺に引っかかりやすい可能性があると指摘した。

60歳から69歳、ならびに70歳から79歳の高齢者がFTCに報告した詐欺被害のうちで最も多かったのがロマンス詐欺だ。

FTC消費者保護局の副局長ロイス・グレイスマン(Lois Greisman)は、高齢化委員会の公聴会で次のように証言した。「2020年には、高齢者による銀行振り込みや支払いが倍増し、暗号通貨による支払いの報告件数は3倍以上に膨れ上がったが、その大きな要因が詐欺だ」

グレイスマンによれば多くの被害者が、ロマンス詐欺師は、パンデミックのせいでお金が必要になったと主張したり、直接会うことはできないと話したりしていたという。

ロマンス詐欺師は偽の人物像をつくりあげ、信頼関係を構築したあとに、うまく言いくるめてお金を供与・貸与させるとグレイスマンは説明した。

翻訳=遠藤康子/ガリレオ

PICK UP

あなたにおすすめ