Close RECOMMEND

大人のFUN-LIFEをサポートするファッション&ライフスタイル誌

焚き火を前にすると、癒やされる。ゆらめく炎の暖かさか、はたまたパチパチと鳴る音のおかげか、とにかくずっと見ていたくなる。

そんな焚き火のような癒やし効果をテーブルの上で得られるアイテムがある。それがコチラ。


「ハースウィックL」5500円/ウッドウィック(カメヤマキャンドルハウス 青山店 03-5656-1923)

このキャンドルを手掛けるのは、アメリカ・ヴァージニア州生まれのフレグランスメーカー「ウッドウィック(Wood Wick)」。

ブランド名を“木芯”と冠するだけあって、撚り糸ではなく自然木を使った芯に火を灯して使うのが最大の特徴で、焚き火のようにパチパチと音が鳴るのだ。



キャンプブームの影響もあって今、焚き火のリラックス効果に注目が集まっているが、まさにそんなイメージだろうか。



両手に収まる世界最小の焚き火台……とは言い過ぎかもしれないが、その効果はなかなかのもの。横長の木芯に灯る火のゆらめきがまた、普通のキャンドルとはひと味違った趣を感じさせてくれる。



アロマフレグランスのバリエーションも非常に豊富。こちらのシーサイドネロリは、ネロリの花にマンダリンを含んだちょっぴりビターなフローラル系の香り。

そのほかにも、華やかな甘い香りのメロンブロッサムや、ホワイトティージャスミン、ラベンダースパなど8種類の香りからチョイスできる。



ゆらゆら揺れる炎で視覚を、薪が爆ぜるかのような音で聴覚を刺激。さらにはアロマの香りで、嗅覚まで刺激してくれる、新感覚のアロマキャンドルといえるだろう。



秋夜の涼しい風を入れながら、心と体をほぐす最高の家時間。思い出すのは、焚き火を囲んでチルな時間を過ごす、あのひととき。

焚き火気分を味わえるキャンドルで、秋の夜長にホッと癒されてみてはいかが?


[問い合わせ]
カメヤマキャンドルハウス 青山店
03-5656-1923
https://woodwick.yankeecandle.jp

(この記事はOCEANSより転載しています)

文=外山壮一

OCEANS × Forbes JAPAN
VOL.43

1時間以上のイヤホンはキケン!? コロナ禍に...

VOL.1 BrandVoice

ポール・スミスの手に掛かれば、スーツはもっ...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ