Close RECOMMEND

I write about consumer tech such as smartphones and gaming in Asia

サムスン「Z Flip 3」(c) Ben Sin

サムスンが2度に渡り改良を重ねたフォルダブル(折りたたみ式)端末のFlipシリーズの最新版の「Z Flip 3」が、注目を集めている。筆者の仲間のガジェットライターのほとんども、サイズが大きいFold 3よりもZ Flip 3を気に入っており、多くの消費者も同じ結論に達するはずだ。

仕事上の必要に迫られて、サムスンのフォルダブル端末を選ぶとしたら、画面が大きいFold 3の方が生産性が上がるかもしれないが、Z Flip 3の方が日常使いのモデルとしては楽しいものになるのは確実だ。

カバーディスプレイの大型化



(c) Ben Sin

サムスンの「Galaxy Z Fold 3」は、折りたたむとスマートフォンになる小型タブレットだが、「Z Flip 3」は、折りたたむと小さな財布やコースターとほぼ同じサイズになる約6.7インチの画面のスマートフォンだ。

Z Flipの最初の2つのバージョンは、外側のカバーディスプレイが小さく、表示可能な情報が少なかったため、閉じた状態では実用性に乏しい端末だった。しかし、今回のバージョンでは、カバーディスプレイの大きさが4倍になり、チャットの内容をすべて読むことが可能で、ウィジェットの利用も可能になっている。

そして何よりも素晴らしいのは、カバーディスプレイをカメラのビューファインダーとして使えることだ。ユーザーは、この画面を用いて画質が悪い自撮り用カメラではなく、メインカメラで自撮りを撮影できる。


(c) Ben Sin

つまり、外側のスクリーンの大型化が最大の改善点と言えるが、Z Flip 3はIPX8相当の防水性能を備えており、万が一、水に浸した場合でも30分までは耐えられる。折りたたみ式端末は、通常のスマホよりも壊れやすいイメージがあったが、これは非常に大きな改善点だ。

また、Z Flip 3の価格は999ドルからで、以前の2機種の1499ドルと比較すると大幅なコストダウンを実現した。

サムスンが前作と比べて「遜色のない」製品を提供しながら、50%ものコストダウンに成功したことは素晴らしいことだ。ただし、筆者はここで、「前モデルよりも優れている」のではなく、「前モデルに劣っていない」という慎重な表現を使いたい。


(c) Ben Sin

というのも、Z Flip 3では、前述のようにカバーディスプレイが改良され、プロセッサもSnapdragon 888にアップデートされているが、その他の多くのハードウェアが2020年のZ Flip 5Gと同じだからだ。例えば、RAMやメモリ、画面の解像度、ヒンジの素材、そしてカメラシステムまでもが昨年のモデルと同じだ。

その背景に、サムスンの「コストを抑えて999ドルという価格を実現する」という意思があったことは明確だ。サムスンは昨年の投資家説明会で、2021年のフォルダブル端末が、「よりメインストリームにアピールするものになる」と述べていた。

筆者のようなモバイル端末の愛好家にとって、Z Flip 3が前モデルのハードウェアを再利用していることはもちろん残念だが、サムスンは賢明なビジネス上の判断をしたと言えるだろう。折りたたみ式の端末の価格を米国で3桁台に抑えることは、米国の消費者にとって大きな意味を持つ。フォルダブルだからと言って、「普通の携帯電話」 よりも大幅に価格が高い訳ではないのだ。

編集=上田裕資

サムスン

PICK UP

あなたにおすすめ