Close RECOMMEND

国際基準のエグゼクティブ・プレゼンス最前線

Met Galaに来場したNY州の下院議員アレクサンドリア・オカシオ=コルテス(Getty Images)

9月13日、ニューヨークで2年半ぶりに「Met Gala(メットガラ)」がリアル開催された。

Met Galaは、メトロポリタン美術館のコスチューム・インスティテュート(メトロポリタン美術館服飾研究所)の資金調達を目的として開催される毎年恒例のイベント。このガラのレッド・カーペットでは、展覧会のテーマに合わせたセレブリティ達の「豪華かつ創造性の高いファッション」が注目される。

まるで裸に見えるドレスからコスプレのような衣装まで、例年ビックリするようなファッションが目白押しなのだが、「In America: A Lexicon of Fashion」をテーマとした今回も興味深い装いのセレブが多く登場した。

その中で、ファッション性が高く、かつ強いメッセージを携えた装いを披露したのが、NY州の下院議員アレクサンドリア・オカシオ=コルテス(AOC)だ。

彼女は、真っ白なドレスの背中に、赤く勢いのあるハンドライティングのような文字で「TAX THE RICH(富裕層に税金を)」というスローガンをちりばめ、明確なメッセージを発信した。

null
Getty Images

メッセージを際立たせるドレスの着こなし


メッセージ性が高いと「変わったドレス」と思われがちだが、これはなかなか素敵な代物だ。

ドレスの色は、19世紀末〜20世紀初頭に女性の参政権を求めた女性団体「サフラジェット」のシンボルカラーであるホワイト。デザインはシャツドレスがモチーフで、胸元に襟のようなデザインがされている。

膝下から裾に向かっては、シフォン系の異素材が使われ、ふんわりと広がるマーメイドシルエットになっている。体のラインに沿ってセクシーになりがちなマーメイドシルエットも、白シャツの清潔で新鮮な感じに知性が加わって、良いバランスを醸し出している。

null
Getty Images

顔まわりも見ていこう。髪はサイドパートでタイトにまとめ、その脇に一輪ピンクの花を挿している。耳元は彼女の象徴とも言えるゴールドのフープイヤリングでシンプルに飾った。

また、メイクはいつも赤いリップのイメージが強いAOCだが、今回は「TAX THE RICH」の文字を際立たせ、それに喋ってもらうことを狙ったのだろう。肌馴染みの良いローズ系の上品なリップカラーを選んでいた。

null
2019年のSXSWにて。赤リップが印象的なAOC/ Getty Images

文=日野江都子

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ