Close RECOMMEND

I have been in the publishing industry for over 20 years writing instruments, watches and jewelry.


3. 目的を設定する


瞑想中に何を探求したいだろうか? より多くの見識を得たい、マインドフルネスや創造性を高めたい、などの目的を設定しよう。時間を区切りたいならタイマーを使っても良い。

4. 自由な流れに身を任せて書き始める


文法や、文の美しさ、内容の深さ、長さなどは気にしないこと。批判は一切不要だ。

ライティング瞑想では、他の種類の瞑想と同様、思考が別のことに脱線し始めたら、紙に再び集中を戻すことが重要だ。瞑想により、集中する方法が身につく。そのためには、自分の心がせわしなく動いていることに気づき、心をそっと“いま”に戻してあげることが必要かもしれない。始めてみると、数分間のライティングがまるで永遠のように感じることもある。

書く文章の内容は目的によって変わってくるが、自分が感謝することのリストや、自分が幸せを感じる場所はどんなところかという説明、自分の体(頭からつま先まで)についてどう感じるかなどを書き起こすことができる。私は「意識の流れ」の手法で、心に浮かんだことをひたすら書くこともあり、こうすることで最も多くの見識が得られる。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ