Close RECOMMEND

I write about the future of mobility and evolution of transportation.


専門誌が「テスラにとって絶対的脅威」と評価


その後、2012年にモデルSの生産開始直前にテスラを退社した彼は、他のテスラの元社員とともに、自社のEVモデル「ルーシッド・エア」の開発に何年も費やし、限られた資金の中で、テクノロジーを磨き上げてきた。

そして、2018年にサウジアラビアの公共投資基金から13億ドルを調達し、ルーシッド・エアを市場に送り出す準備を本格化させた。同社は、SPACとの合併によりさらに20億ドルを調達した。

8月にMotor Trendが発表したルーシッド・エアの性能に関する初期レビューでは、この車両がロサンゼルスからサンフランシスコまで充電のために停車することなく走破したことなどが評価された。Motor Trendは、933馬力の「Air Dream Edition Range」を "比類なきモデル"と形容し、「ルーシッドの最初のモデルはテスラや他の高級車メーカーにとって絶対的な脅威となる」と述べた。

ルーシッドの株価は9月16日の市場で6.3%上昇し、21.17ドルをつけた。

編集=上田裕資

EVテスラ

PICK UP

あなたにおすすめ