グローバル視点で覗きたいエンタメビジネスの今

制作プロダクション「ションダランド」を立ち上げたションダ・ライムズ(KWAKU ALSTON/NETFLIX)

Netflixオリジナルの恋愛ドラマシリーズ「ブリジャートン家」が、世界でヒットした理由の1つは、アメリカのドラマプロデューサーであるションダ・ライムズが立ち上げた制作プロダクション、「ションダランド」のプロデュースによるところが大きいと言われています。

最も成功しているドラマプロデューサーの1人であるライムズ率いるションダランドは、2005年から放送されているアメリカABC系列のロングランヒットドラマ「グレイズ・アナトミー恋の解剖学」で名を馳せました。

2017年に、ライムズはNetflixとの間で複数年にわたる独占契約を結びました。その第1弾として自ら制作を手がけたのが、19世紀初頭のロンドンの社交界を舞台にしたドラマ「ブリジャートン家」でした。

2020年12月に配信が開始されたこのドラマシリーズは瞬く間に人気を得ましたが、なぜ、ションダ・ライムズとジョンダランドは、ストリーミング時代を象徴するメディアであるNetflixでも、こんなに早く結果を残すことができたのでしょうか。

そこには、クリエイティブ重視の「ショーランナー体制」が大きく影響していると言えるでしょう。

19世紀を舞台にした作品にビリー・アイリッシュの曲


Netflixオリジナルのドラマシリーズ「ブリジャートン家」は、2020年12月25日にシーズン1が配信されると、28日間で8200万に上るNetflix会員が視聴し、アメリカ、イギリス、ブラジル、フランス、インド、南アフリカなど83カ国で1位を獲得しました。Netflixが視聴記録を発表した作品のなかでは、配信後28日間で史上最も高い数字をたたき出したドラマシリーズです。

「ブリジャートン家」は、ジュリア・クインのベストセラー小説を原作に、名門貴族「ブリジャートン家」の人々の視点から19世紀初頭ロンドン社交界の結婚事情をスキャンダラスに描いたストーリー。

シーズン1では、新人女優のフィービー・ディネヴァーを主役に抜擢し、彼女が演じるブリジャートン家の長女ダフネ・ブリジャートンと、ヘイスティングス公爵ことサイモン・バセット(レゲ=ジャン・ペイジ)の物語を、大御所女優ジュリー・アンドリュースによるナレーションで展開していきます。

大きな見どころの1つは、恋愛ものの時代劇のなかに、現代的な脚色を盛り込んだ点です。例えば、クラシックな舞踏会シーンでは、ジェネレーションZの歌姫ビリー・アイリッシュの代表曲「bad guy」を使用しています。

また物語に登場する王妃をアフリカ系に設定して、上流階級から労働階級に至るまで人種の多様性を表現するなど、これまでの歴史ドラマの常識を覆すような新たな世界観をつくり出しています。濃厚なラブシーンによって、性に目覚めた女性の欲望を、女性の視点から描いた新鮮さも印象的です。

文=長谷川朋子

ストリーミングネットフリックス
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ