Close RECOMMEND

I cover the gadgets in your living room, and your pocket.

Getty Images

アップルは8月30日、クラシック音楽ストリーミングサービスのPrimephonicを買収したと発表した。

アップルミュージックとBeats担当バイスプレジデントのオリバー・シュッサーは、「アップルミュージックは6年目を迎えたが、サービスが行き届いていないジャンルのひとつに、クラシックがあり、このジャンルの愛好家向けに素晴らしいエクスペリエンスを提供したい」と述べている。

シュッサーによると、アップルはクラシック愛好家のニーズに沿ったサービスを模索してきたが、それを実現してくれるのが、Primephonicなのだという。「例えばベートーヴェンの交響曲第5番を検索した場合、検索結果は数千件に上り、どれを選べばよいのか分からないのが現実だ。この問題を解決してくれたPrimephonicには非常に感銘を受けた」と彼は述べている。

Primephonicの共同設立者のトーマス・ステフェンズは、同社のミッションには2つのステージがあり、まず最初に重要なのは、クラシック音楽を正しく理解するためのプロダクトを作ることで、その次に重要なのは、それを何百万人もの人々に届けていくことだと述べた。

クラシック音楽だけで利益を上げ、商業的に成功することは可能だが、彼らはこれまで自分たちのミッションを十分に実現することができなかったという。

その結果、ステフェンズは彼らのサービスを、大手のサービスと組み合わせる必要があると考えた。「アップルミュージックとの取り組みよって、より多くの人々がクラシックにアクセス可能になり、その結果、アーティストや作曲家のロイヤリティ収入も増えることになる」と彼は述べている。

Primephonicのアプリは9月7日からオフラインになるが、加入者には返金対応が行われ、アップルミュージックが6カ月間無料で利用できるようになる。さらに、これまでPrimephonic上で作成したプレイリストを、アップルミュージックに転送するためのツールも間もなく公開される予定という。

シュッサーは、アップルミュージックのメリットとして、多くの楽曲が追加料金無しで、高音質のロスレスフォーマットで楽しめる点をあげている。Primephonicは、クラシック音楽に最適化された検索やブラウズ機能で知られるが、その機能を盛り込んだ専用のクラシック音楽アプリケーションが来年公開され、空間オーディオに対応した音源が楽しめるようになるという。

さらに、Primephonicのソリューションは、クラシックと同様な問題を抱えるジャズを聴く場合のエクスペリエンスの向上につながる可能性がある。

今回のアップルミュージックのアップグレードが、クラシックファンに歓迎されることは間違いないだろう。Primephonicのソリューションが完全に威力を発揮するまでには、まだ少し時間がかかるが、これは非常に魅力的なオファーだ。

編集=上田裕資

Apple

PICK UP

あなたにおすすめ