Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

shutterstock.com

ハワイで、感染者数が爆発的に増えている。病院は満床になり、オアフ島ではレストランやジムへの出入りにワクチン接種証明の提示が義務付けられることとなった。住民のワクチン接種率はおよそ7割で、ほんの数カ月前まではコロナ以前のような生活に戻っていたハワイで、なぜ再び感染が増加しているのか。現地在住の筆者が最新情報を紹介する。

1日約700人が感染、医療崩壊の危機


ハワイに激震が走ったのは、2021年8月13日のことだ。人口約140万人のハワイで、新規感染者数が1167人となった。8月以前の新規感染者数は、最大でも1日300人台だ。しかも2020年12月から始まったワクチン接種のおかげで、2021年に入ってからは感染者が目に見えて減少し、2021年2月から7月頃までは、1日の新規感染者が50~60人程度で推移していた。

8月13日の1167人の感染者には、州のシステムの不具合により、前日と前々日の感染者数の一部が含まれていたのだが、それ以降も1日の新規感染者は500人から800人と高い数字のまま。一向に感染者数が減少に転じることがなく、ついに8月27日には過去最高となる1日1035人を記録した。8月30日時点で、直近7日間の平均感染者数は874人だ。

ハワイ最大の民間医療機関であるクイーンズメディカルセンターは、8月中旬には集中治療室が満床となっていることを発表。増え続ける新型コロナ患者に対応するため、緊急性のない患者の手術や処置の延期を開始しているという。さらにクイーンズメディカルセンターの西オアフセンターは8月20日、院内の緊急事態を宣言。患者に対応する人手が不足していることを訴えている。

またホノルルの救急医療サービスでは、日本の119番にあたる緊急通報が、通常は1日250件程度なのに対して、8月には1日390件ほどの連絡を受けるなど、記録的に増加しているという。

アメリカ連邦政府の緊急事態管理庁から4600万ドル(約50億円)の支援を受け、500人の医療従事者がアメリカ本土からハワイに派遣されることとなっているが、ハワイの医療は崩壊の危機に直面している。

7割がワクチン接種。にもかかわらずなぜ急増?


現在ハワイのワクチン接種率は、1回目が終わった人は71.4%、2回とも終了した人は63.1%だ。それにもかかわらず感染者が急増しているのは、デルタ株の影響が大きい。

ハワイ州保健局は2021年6月下旬、オアフ島、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島と、ハワイの4つの島で合計13件のデルタ株を検出したと発表していた。

しかしそれまでは、感染者数は低いまま推移していたため、ハワイ州では7月8日から屋内の集会は25人まで、屋外なら75人までと制限を緩和した。さらに、現地の学校の夏休み期間と重なり、7月4日の独立記念日をはじめ、多くの家庭で家族や友だちが集まり海遊びやBBQに興じていたことで、感染が一気に拡大したとみられる。

文=佐藤まきこ

新型コロナハワイ

PICK UP

あなたにおすすめ