Close RECOMMEND

for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載


Schoo


調達額:7億円
調達先:Bonds Investment Group / SMBCベンチャーキャピタル / インキュベイトファンド / フューチャーベンチャーキャピタル / 山口キャピタル / 鎌倉投信
備考:シリーズDラウンド

大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ「Schoo(スクー)」を運営しているスタートアップ。「Schoo」は、“未来にむけて、社会人が今学んでおくべきこと”をコンセプトに、大人たちがずっと学び続けられる生放送のオンライン動画学習サービスだ。

学習ジャンルは、働き方・お金・健康に関することをはじめ、すぐに使えるビジネススキル・ITスキル・経済・ニュース・思考法・文章術など幅広く提供。参加型の生放送授業も配信しており、受講生同士や先生とリアルタイムにコミュニケーションをとることができる。生放送を見逃した場合は録画された動画を見返すことができるため、自分のペースで学習を進めていくことが可能。2021年8月時点での登録会員数は約65万人、導入企業実績は2000社を突破している。

2021年8月には、Bonds Investment Groupをリード投資家として、インキュベイトファンド、SMBCベンチャーキャピタル、鎌倉投信など計6社を引受先としたシリーズDラウンドでの第三者割当増資により約7億円の資金調達を実施。

この調達を通し、「Schoo」や2021年6月に提供を開始した高等教育機関DXプラットフォーム「Schoo Swing(β版)」のサービス向上のための人材採用やマーケティング投資を行い、更なる事業成長を目指していく方針だ。

SOELU


調達額:6億5000万円
調達先:DG Daiwa Ventures / GMO Venture Partners / マネーフォワードベンチャーパートナーズ / ベンチャーユナイテッド
備考:マネーフォワードベンチャーパートナーズはHIRAC FUNDを通じて出資 / 他、6社の投資家含む

自宅で人気インストラクターのレッスンを受けられるオンラインのヨガスタジオ「SOELU(ソエル)」を手掛けるスタートアップ。

「SOELU」は、お家でヨガやトレーニングのレッスンを受講できるオンラインフィットネスサービス。朝5時〜深夜24時まで、30分〜60分間のライブレッスンを毎日100クラス開講している。

自宅付近にジムやヨガスタジオが無いユーザー、忙しくて運動が続かなかったユーザー、マタニティや子育てで外出が難しいユーザーをメインターゲットとしている。

ピラティスや肩こり改善ヨガ、美脚トレーニングなど、200人の専門インストラクターが在籍し、100種類以上のプログラムを提供している。

2021年8月には、DG Daiwa Venturesをリードインベスターとして、合計10社から総額6億5000万円の第三者割当増資を実施。累計資金調達金額は15億円に達した。調達資金は、オンラインフィットネス事業の拡大やクロスセルブランドの創出などに向けた、マーケティング・商品開発・採用に投資していく予定。

文=STARTUP DB

資金調達
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ