Close RECOMMEND

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.


3. 意図的に言葉を選ぶ


全体的なアプローチと主張の枠組みについて考えたら、次は詳細に焦点を当てよう。どのような言葉を使うかに注意すること。全ての言葉には特定の意味がある。伝えたい意味を持つ言葉を使い、押し売りしないこと。

意味の違いや言葉のニュアンスについてきちんと考える。ある言葉の意味が完全に理解されなかったとしても、言葉には言外の意味や関連性がある。人は特定の言葉を特定の状況と結びつけるはずだ。言葉には、特定の感情やイメージを連想させる力がある。

悲しい場面で使われることが多い言葉は、読み手や聞き手を悲しい気持ちにさせるかもしれない。あなたが弁護士で、陪審員団が顧客に感情移入することを目指している場合はこうした言葉の選択が効果的かもしれないが、フローラルな香水の宣伝のオーディエンスがこうした感情を持つのは好ましくないだろう。

説得には努力と戦略が必要だ。相手に焦点を当て、主張の骨子を伝え、意図的な言葉遣いをすること。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ