Close RECOMMEND

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.


3. 聞き手や読者のことを考える


コミュニケーションは双方向のものだ。口頭でも文書でも、相手に理解してもらえるように伝える必要がある。相手の役職や職業がなんであれ、誰にでも理解してもらえるようにコミュニケーションを取れることが理想だ。

コミュニケーションを取りたい相手は、自分とは違うタイプの人間かもしれない。相手がどんなコミュニケーション方法をとるかを考え、コンテクストを考慮しよう。

他の人とうまくコミュニケーションを取れなければ、自分の知識は無駄になる。簡潔かつ明瞭に、そして相手のことを考えてコミュニケーションを取ること。そのトピックを自分が理解するときと同じように、しっかりとした意図をもって明確なコミュニケーションを取ろう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ