Close RECOMMEND

I write about how bitcoin, crypto, and fintech are changing the world.

ImageFlow / Shutterstock.com

時価総額で世界最大の暗号資産(仮想通貨)であるビットコインの価格は、数カ月に及ぶ低迷を脱し、8月23日に5万ドルを回復した。しかし、暗号化テクノロジーの専門家たちは、量子コンピュータの進歩により、早ければ2026年にはビットコインを支える暗号化技術が、「根本的に損なわれる可能性がある」と警告している。

英国に本拠を置く量子暗号化テクノロジー企業「Arqit(アーキット)」の創業者のデビッド・ウィリアムズは、「2026年頃に広範囲な実用化が進む見通しの量子コンピュータは、そのパワーによって、どんなブロックチェーンのセキュリティシステムも簡単に突破してしまうだろう」と述べている。

Arqitは、5月にSPAC(特別買収目的会社)との合併を発表し、9月のニューヨーク市場への上場に備えている。同社は、住友商事とThe Heritage Group、ヴァージン・オービットの3社から資金調達を実施した。

量子コンピュータとは、従来のコンピューターの「ビット」を量子ビット(Qubit)に置き換え、圧倒的スピードの計算を可能にするもので、1990年代から開発が進められてきた。現在、世界中の大学の研究者が実用的な量子コンピュータの開発に取り組んでおり、最近ではグーグルとオーストラリアのニューサウスウェールズ大学の研究者たちが、画期的な成果を上げて話題になっている。

ウィリアムズは、イーサリアムの共同創設者でカルダノの生みの親であるチャールズ・ホスキンソンが以前から主張する問題点を指摘し、ブロックチェーンの開発者たちに量子暗号鍵と呼ばれるテクノロジーを採用するよう呼びかけている。

「ブロックチェーンは、迫り来る量子コンピュータ時代に対応しなければ事実上、根本的な欠陥を抱えることになる」と彼は述べている。

ケンブリッジ・クォンタム・コンピューティングで量子サイバーセキュリティを担当するダンカン・ジョーンズも、「量子コンピュータが脅威となる前に対処しなければ、その影響は甚大だ。攻撃者は不正な取引を行い、コインを盗むだけでなく、ブロックチェーンの運用を混乱させる可能性がある」と警告している。

編集=上田裕資

仮想通貨

PICK UP

あなたにおすすめ