Close RECOMMEND

VCのインサイト

Coralでは投資判断のポイントの1つとして「タイミング」を重視しています。具体的には、いわゆる「変曲点」と重なるタイミングであるかどうかを見ています。

変曲点というのは、様々な新しい機会に追い風をもたらすパラダイムシフトや、シンプルに新しい機会が生まれる局面などのことですが、例えば規制の見直しや、革新的な技術の誕生、なんらかの普及状況の変化、常識の変化などが挙げられます(変曲点については、こちらの記事でより詳しく考察しています)。

変曲点の可能性として個人的に最近注目しているのは、Zoomの最先端プラットフォームとしてのポテンシャルです。特に、同社が現在注力中のZoom SDKApp Marketplaceが鍵となると予想しています。

SDKにより、Zoomの信頼性の高いビデオや音声機能を組み込み、新しくアプリを開発することができます。開発者は自分たちが作った外部アプリケーションに自由にZoomの機能を埋め込み、アプリの機能向上に活用できるのです。さらに、Zoomビデオであることがユーザーにわからないようにユーザーインターフェースをカスタマイズすることも可能です。

一方で、MarketplaceはZoom上で使えるアプリを誰でも開発できるオープンプラットフォームで、個々のニーズに合わせてより快適な体験を実現できるというものです。

この2つの新しいツールにより、将来的にZoomがインターネット上のコミュニケーションに欠かせないプラットフォームになる可能性があると考えています。

このような「プラットフォームの変曲点」は過去にも何度もありました。ラジオやケーブルテレビ、ブロードバンドインターネット、スマートフォンの登場は、プラットフォームのシフトを起こし、その度に私たちの生き方や働き方を変え、数千億円規模の産業を創出してきました。

あのApp Storeも、サービスが2008年に始まったばかりの頃はまだアプリの数は500程度で、iPhoneのユーザーも1000万人ほどしかいなかったのです。

それに比べてZoomはどうかというと、新型コロナウイルスのパンデミックが始まってからわずか数カ月で、1日あたりのミーティング利用者数が1000万人から3億人へと急増しています。圧倒的シェアを獲得し、すでに多くの人にとって仕事や学校だけではなく運動や娯楽、友達との交流など、日常の多くの場面で必要なツールになっているのです。

そして今回の同社のプラットフォーム化への取り組みは、Zoomのインフラと顧客層へのアクセスを可能にすることで膨大な数の新しい機会をもたらし、新しくてより快適なユーザーエクスペリエンスの実現につながるかもしれません。

文=James Riney

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ