Close RECOMMEND

I cover the intersection of business, health and public health.


「新型コロナウイルス感染症は、高齢者がかかる病気だ」という考えは、もはや捨てるべきだ。若年層は確かに、感染しても重症化する可能性が低いかもしれない。だが、重症化するリスクはゼロではない。データが明確に示しているとおり、10代の若者でも、重症化する患者はいる。

また、ワクチン接種を完了したとしても、それで完全に安心できるわけではない。新型コロなウイルスのワクチンは、非常に効果が高いものだ。だが、感染や重症化を100%防ぐものではないからだ。今のところ、ワクチン接種だけでは十分ではない。

【関連】新型コロナワクチン接種後も「陽性」になり得る5つの理由

つまり、ぼんぼん燃える火のような勢いでパンデミックが続く間は、ワクチンに加え、ソーシャルディスタンスを取ること、マスクを着けることなど、複数の対策を重ねて講じる必要があるということになる。

いずれ、感染がよりよく制御され、現在のように流行している状況ではなくなれば、ワクチン接種だけでも十分な状態になるだろう。だが、今はまだその時ではない。ガンズ・アンド・ローゼズの歌詞にもあるように、「もう少しの我慢」が必要だ。

編集=木内涼子

新型コロナ

PICK UP

あなたにおすすめ