-

Robert Nickelsberg/Getty Images

アフガニスタンの反政府組織タリバンは、1カ月足らずの間に全土を制圧し、30万人に及ぶ治安部隊を追いやった。同国のアシュラフ・ガニ大統領は、隣国のタジキスタンに脱出し、「タリバンが勝利した」とする声明を8月15日に発表した。

現地では、何千人もの人々が米国へのビザを待っている一方で、勝利を祝うタリバンの戦闘員たちが、米国人の税金で購入された軍用車両に乗って、誇らしげにパレードを行っている。

2001年9月11日からの20年間で、米国は2兆ドル以上をアフガニスタンでの戦争に費やしてきた。これは、20年間、毎日3億ドルを投じたことになり、アフガニスタンの4000万人にそれぞれ5万ドルを支払ったことになる。米国は、タリバンを制圧するために、ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、ビル・ゲイツらを筆頭とする30人のビリオネアの保有資産の合計以上の金額を費やしてきたのだ。

この数字には、8000億ドルの直接的な戦争費用と、アフガニスタン軍の訓練費用850億ドルが含まれている。米国の納税者は、これまでアフガニスタンの兵士に年間7億5000万ドルを支払ってきた。ブラウン大学の「戦争のコストプロジェクト(Costs of War Project)」は、これらの費用の総額を2兆2600億ドル(約247兆円)と見積もっている。

また、失われた命という意味では、もっと巨大な犠牲を伴っていた。アフガニスタンでは、2500人の米軍兵士が死亡し、4000人近くの米国の民間人の契約者が死亡した。そして、6万9000人のアフガン軍の警察や4万7000人の民間人、5万1000人の反政府勢力の兵士が死亡した。2万人以上の米国人の死傷者を収容するためにかかった費用の総額は3000億ドルで、さらに5000億ドルが必要になると見込まれている。

そして、米軍がアフガニスタンから撤退した後も、米国民はずっと費用を負担し続けることになる。米国はアフガン戦争の資金を借金でまかなっており、ブラウン大学の研究者は、これまで支払った利子が5000億ドル以上で、2050年までに支払う利子の総額を、6兆5000億ドルと見積もっている。これは、米国人一人につき2万ドルの負担となる。

カブール空港の滑走路で撮影されたビデオには、米軍兵士が避難する人々を飛行機に押し込んでいる様子が映し出されている。あるフライトには800人が搭乗したが、1万人以上の米国市民がまだ避難を待っており、さらに数千人が避難していると言われている。タリバンの支配から逃れるために、離陸する輸送機の機体にしがみつき、振り落とされて命を落とした人もいる模様だ。

アフガニスタンで育った若い女性たちは今後、厳しい状況に置かれることになりそうだ。数十年前と比べれば自由な環境で育った彼女たちは、タリバンによってブルカの着用を義務づけられ、教育や雇用の機会を失うことになるだろう。タリバンは今、かつての男尊女卑的な規律を見直すと述べているが、膨大な犠牲が生まれることが予想される。

文=Christopher Helman & Hank Tucker 編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ