Close RECOMMEND


4. スキレットで簡単に手料理のレベルがアップ!


null
スキレット鍋 15㎝(6インチ) 499円/ニトリ ニトリ公式サイト>>

4つ目は、アウトドアシーンに限らず、食卓で使ってもおしゃれになると人気の「スキレット」。

プチプラでいいのがあると友人に教えてもらい、ニトリでゲットいたしました! ニトリの「スキレット鍋」は2種類サイズがあったのですが、食卓に並べやすいかなと思い小さい方の15cmサイズに。

null

コンロで直接火にかけても、オーブンに入れてもOK。料理の幅が広がるので、キッチングッズにプラスして損はないと思います。

鋳鉄のゆっくりまんべんなく熱が伝わる特性のため、いつものフライパンよりお肉がジューシーに焼けました。

錆を防いで長く使うため、水で洗って乾燥させた後にスキレット全体に油を塗って加熱する“シーズニング”という作業が毎回必要になります。

null


この1点だけは手間がかかるポイント。毎日のように使うと負担に感じそうですが、休日にいつもと気分を変えておいしい料理を自宅で作るという週1ペース程度の使用であれば苦にならないと思ったので、特別感の演出にちょうどよさそうです。

まとめ:日常で使えるグッズを活用して、おうちキャンプを満喫!


null

メスティンで炊いたごはんとスキレットで焼いた肉料理、飲み物はSTANLEYのボトルに入れて、窓際に動かしたローテーブルにセット。そこにHelinoxのチェアを置いて、食事を楽しんでみました!

いつもの食事の準備とかかる時間は変わらずに、非日常的なキャンプ気分を味わうことができました。本当は庭に出てやるとキャンプ感が増すのでしょうが(笑)。日常生活も快適にしてくれるアウトドアグッズを活用して、夏のおうち時間を満喫したいですね。


WEBエディター MM◎ファッション&ビューティをはじめ、オールジャンルの記事を企画・執筆。エディター業と並行してアパレルのPRとしても働くなかでキャッチした最新トピックスから、アラフォーの日々が快適&楽しくなるモノやサービスをお試ししていきます!

この記事は、Marisol ONLINE 2021年7月27日の記事を転載したものです。
▶︎Marisol ONLINEで連載「エディターMMの気になる○○やってみました!」を読む

文・写真=WEBエディターMM

PICK UP

あなたにおすすめ