Close RECOMMEND

キャンプやアウトドアへの熱が高まる一方で、今年の夏休みも旅行や帰省は自粛ムード。それなら家にいながらムードだけでも感じられないかと、「Marisol」WEBエディターMMが「おうちキャンプ」にトライ。家の中でも活用できるグッズの便利さと、超初心者おうちキャンプの様子をレポートします。


キャンプブームの今、老舗のアウトドアブランドだけでなく、日用品メーカーなどからもお手頃価格で変えるアイテムが多数。そこで、キャンプ好きな友人のおすすめからSNSで話題のものまでを調査。初心者でも使いやすく、おうち時間にも活用できそうな4品を使ってみました。

1. スタンレーの真空ボトルが仕事のおともに最適!


創業100年を超えるSTANLEY(スタンレー)は、真空断熱技術とスチールの頑丈さを融合し、真空スチールボトルを開発したブランド。種類がいくつもあるボトルのなかから、日常生活で持ち歩きしやすそうな大きさ&重さの「ゴー真空ボトル 0.37L」をチョイス。

null

在宅勤務の日、朝9時に氷と飲み物をこの「ゴー真空ボトル」にセット。仕事合間にちょこちょこ飲んでいたのですが、中身がずっと冷たいまま。15時頃にコーヒーを補充しようとしたときには、まだ氷が残っているほど。

そのうえボトルが結露してデスクや手が濡れることがなく、とても快適に仕事ができました。アウトドア好きの友人がこぞって推していただけあって、保冷力が本当に優れているなと実感。

null
スタンレー ゴー真空ボトル 3.7L 3960円/ビッグウィング スタンレージャパン公式サイト>>

個人的に使い勝手がいいなと思ったのが、フタ部分についているフィンガーループ。オフィスで会議室と自席を行ったり来たり、家の中でも気分転換に場所を変えるので、パソコンや書類を抱えて移動する際に指に引っ掛けてボトルを持ち運ぶことができます。

本体だけで約270gと非常に軽量で、ドリンクを入れた状態でも600g前後なので、わたしは小指に引っ掛けても楽々持てました。

文・写真=WEBエディターMM

PICK UP

あなたにおすすめ