世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

今こそ顧客体験を起点としたビジネスの変革を


近年のデジタル技術の進化に新型コロナウイルス感染症のパンデミックが重なり、生活者ニーズの多様化・流動化が加速している。しかし、その急速な変化にすべての企業が即応できているわけではない。アクセンチュアの調査*によると、「市況や生活者の変化に迅速に対応できないことが、パンデミックによってもたらされた危機に対処する上で重大な障壁となっている」と回答したCEOは41%にも上る。

顧客のニーズに応えるべく、すでに様々な企業がCX(Customer Experience/顧客体験)の改善に取り組んでいるものの、限定的な成果に終わってしまうことも少なくない。その多くは、財務的なビジネス成果を目的とし、業務の最適化・効率化を優先して作り上げてきた従来型の(もしくは既存の)土台の上における“部分的な取り組み”だからだ。

例えば、専任部門の設置だけでは、ビジネス全体が影響を受ける事態が生じたときに対処することが難しい。またアプリの改修などを通じたタッチポイントの最適化は表面的で、他社との差異化にはつながらない。企業利益の源となる顧客や社会のニーズに応え続けるためには、今こそ部分的・表面的な取り組みから抜け出し、生まれ変わる必要がある。

そこで、新たなビジネス変革のヒントを探るべく、Forbes JAPANは生活者の視点に立って外側から企業変革を促し価値創造を支援するアクセンチュア インタラクティブと共に、「Future BX Dialogue-今、経営者に求められる顧客体験を起点としてビジネス変革-」と題したオンラインイベントを開催する。

 ▶︎今すぐイベントに申し込む

ビジネス変革の新たな視点「BX思考」が描く企業の未来


ポストコロナの新時代に向けて、顧客体験を起点にビジネスの再構築を目指す。それこそ、経営者のアジェンダではないか──。今注目を集めるこのアプローチこそが、BX(Business of Experience)だ。製品・サービス周辺のタッチポイントを最適化するCXがCMO(最高マーケティング責任者)またはCOO(最高執行責任者)の領域とされてきたのに対し、BXは企業活動のあらゆる側面に関連するためCEO(最高経営責任者)の優先課題であり、全社的な経営戦略の要となる。

では、経営者はこの変革をどう主導するべきか。

本イベントでは、アクセンチュア インタラクティブから「ビジネス」「テクノロジー」「マーケティング」「クリエイティブ」「デザイン」など、さまざまな領域におけるBXの旗手をゲストに迎え、顧客体験を起点にビジネス全体をダイナミックに再構築するBXについて語っていただく。

第一部は「経営者に必要なBX思考とは - Welcome to The Business of Experience」と題し、「顧客体験」「パーパス」「業界」「テクノロジー」などの様々な切り口からBX実現に向けた戦略を再定義する。

続く第二部「BXへのロードマップ - 目指すべき日本型BXの形 -」ではより実践的な視点からBX実現に伴う課題を明らかにし、打開策や必要なマインドセットについて議論を深める。

不確実性が増す今だからこそ、持続的成長を実現するためBX思考について理解を深めることが必要ではないだろうか。

 ▶︎今すぐイベントに申し込む

*出典元:アクセンチュア調査レポート「エクスペリエンスは成長の原点:カスタマーエクスペリエンス(CX)を超えて、エクスペリエンス起点のビジネス変革(BX)へ」(2020年)

INFORMATION


Forbes JAPAN|Future BX Dialogue
- 今、経営者に求められる顧客体験を起点としたビジネス変革 –

■開催日 :2021年8月26日(木)
■開催時間:16:00〜17:10 ※終了時間は変動する可能性があります
■開催形式:オンライン配信
■参加費 :無料
■主催:Forbes JAPAN
■協賛:アクセンチュア株式会社 インタラクティブ本部

PROGRAM 主なセッションテーマ・登壇者(敬称略)


 オープニングトーク:
・藤吉 雅春 Forbes JAPAN 編集長
・瀧口 友里奈 経済キャスター

第一部:
経営者に必要なBX思考とは – Welcome to The Business of Experience(BX)-
・黒川 順一郎
アクセンチュア株式会社 執行役員 インタラクティブ本部 統括本部長
・加藤 圭介
アクセンチュア株式会社 インタラクティブ本部 マネジング・ディレクター
・久保 千明
アクセンチュア株式会社 インタラクティブ本部 マネジング・ディレクター
・番所 浩平
Fjord Tokyo 共同統括 グループ・ビジネス・ディレクター
・浅井 雅也
Droga5 Tokyo チーフクリエイティブオフィサー

・モデレーター:瀧口 友里奈(経済キャスター)
 
第二部:
BXへのロードマップ - 目指すべき日本型BXの形 -
・伊東 正明
OFFICE MASA 代表、株式会社吉野家 常務取締役、
アクセンチュア株式会社 インタラクティブ本部 顧問
・長谷川 踏太
株式会社ギフティ CCO、same gallery代表、
アクセンチュア株式会社 インタラクティブ本部 顧問

・モデレーター:内永 太洋
アクセンチュア株式会社 インタラクティブ本部 最高戦略責任者 マネジング・ディレクター

※出演者やプログラム内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。


Forbes JAPAN  Webサイトにてイベント特集ページを公開中!
「Forbes JAPAN|Future BX Dialogue」


Promoted by アクセンチュア インタラクティブ|text by 金沢健太|edit by 千吉良美樹

あなたにおすすめ