Close RECOMMEND

MANUFACTURING


自然古来の製造システムの大規模な活用は、持続不可能な石油化学的製造業を破壊し、新たな製造業で置き換える最初のステップだ。しかしここでは、規模の拡大が大きな課題となる。

バイオファクチャリングは概念実証の段階を終え、世界的な導入の準備ができている。しかし、気候変動の危機が刻々と迫る中、製造企業はどのようにすれば期限に間に合わせることができるのだろうか?


ザイマージェンは、生物工学産業の成熟を示す例だ。多くの問題は生物学で解決でき、この業界では全ての人に十分な成長の余地が与えられている。曲げても壊れない携帯電話の画面や安全な虫よけなど、ザイマージェンが生物学を活用して解決するニッチな問題は規模の拡張が可能なものだ。

ザイマージェンは、生産性が高い研究開発(R&D)の模範例でもある。研究開発は従来スピードが比較的遅く規模も小さいが、同社は生産性が高いR&Dを構築することで、商業規模での展開に必要な要件を初めから作り出している。

気候変動の危機が進行中であることを踏まえれば、無駄にできる時間はない。生物学的に設計された微生物が、生産性の高い検査と大規模な製造に対応できるようにすることで、試行錯誤を繰り返すことなく迅速にこうした素材を市場に出すことができる。

生物学を利用して構築されたザイマージェンのシステムはより持続可能なもので、製品開発が環境にもたらす影響は他よりはるかに小さい。

「私たちは、21世紀の世界で最も重要な経済の変化が生物経済になると予想している。しかし、発酵能力の障壁はまだ存在し、この変化はもちろん一晩のうちには起きない。(バイオ技術企業の)Culture Biosciencesによると、世界の発酵能力は6200万リットルだ。発酵を通して肉を作るだけでも8000万リットルが必要で、全ての化学物質を作るには4000億リットルが必要になるだろう」(サーバー)

生物工学産業が成長する中で、消費者の需要やそれを活用できる技術があれば発酵能力は高まるだろう。生物学が先導的な役割を担えば、未来は持続可能かつ便利なものになることができる。

翻訳・編集=出田静

バイオテック

PICK UP

あなたにおすすめ