起業家たちの「頭の中」

GO 代表取締役 三浦崇宏(提供:DIMENSION NOTE)

広告の枠を超え、さまざまなクリエイティブで世間の注目を浴び続けている The Breakthrough Company GO。2020年にはベンチャーキャピタル事業「The Breakthrough Partners GO FUND」(GO FUND)も設立し、その事業領域を急拡大させている。今回はPRのスペシャリストでありクリエイティブディレクターでもある代表取締役 三浦崇宏(みうらたかひろ)氏に、起業家としての素養、事業拡大の秘訣などについて、DIMENSIONの伊藤紀行が聞いた(全4話中3話)

第1話はこちら>>
第2話はこちら>>

──創業から数年で事業を急拡大させています。事業立ち上げに際して意識されていることをお聞かせください。

ポイントは3つあって、1つめは「思想ドリブン」で事業を始めたことです。

「変化と挑戦にコミットする」というミッションを掲げていて、変化したい企業、挑戦したい企業と我々は仕事をします。その手段はマーケティングでもPR、広告、投資でもなんでも良い。

つまり企業としての「思想」でお客様をしぼったんです。

──「思想」でお客様をしぼるとはどういうことでしょうか?

普通は「ニーズ」や「業種業態」、「予算規模」でお客様をしぼってサービスを開発しますよね。例えば、「PRに特化」だったり「飲食業界専門」「予算規模が10億円以上の案件が得意」などです。

しかし変化・挑戦したい企業という「思想」でお客様をしぼると、5Gや働き方改革、ダイバーシティー、サステナビリティなどの社会的変化に向き合うあらゆる企業がターゲットになります。

特に近年は本当にあらゆる企業が変化しなければいけない時代になりました。つまり世の中が求めている「思想」と我々の価値がマッチしたことが成長につながったといえるでしょう。

──2つめのポイントはなんでしょうか?

2つめは「採用」です。“採用しない”ことを意識しました。

GOの「思想」が明確ゆえに、共感して入社を希望してくださる人も多かったのですが、どんなに猫の手も借りたいほど忙しい時でも採用だけは厳選してきました。「思想」と「実力」を兼ね備えた、トップ人材だけを採用してきたのです。

私が経営者として最も誇りに思っていることは、この3年間で売上が20億円規模にまで成長したことはもちろんですが、その過程で退職者が3人しかいないことです。マッチする人材を選び抜くことにこだわってきた証左かなと思っています。

3つめは「プル型営業」にこだわったことです。

私たちは売り物が「思想」なので、そこに共感していただける人は問い合わせをくれます。

なので1件1件プッシュ型営業するのではなく、不特定多数にメディアや講演で自分たちの思想や仕事を世の中に発信し、お問い合わせしてくださる「プル型営業」の構造を作り続ける。このことを強く意識してやってきましたね。

文=伊藤紀行 提供元=DIMENSION NOTE by DIMENSION, Inc. 編集=露原直人

起業家
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ