Close RECOMMEND

Getty Images

良い第一印象を与えることの重要性は、どんなに強調してもしきれない。複数の研究からは、初対面での第一印象は30秒もかからずにつくられることが分かっている。

この30秒の間に、相手はあなたの人柄や言動、そしてこの環境での働きぶりについて、即座に判断し始める。見た目がだらしなかったり、洗練されていなかったり、プロらしくなかったりすると、新しい職や契約を得たり、仕事で役立つ人脈を築いたりする機会はいとも簡単に損なわれてしまう。逆に、最初の30秒がうまくいけば、素晴らしい機会につながるかもしれない。

また、第一印象は一度きりであることからも重要だ。時間をさかのぼり、自分が与えた印象を変えることはできない。タイムトラベルはできないため、服装には常に気を遣う方がよい。外見上の印象が、自分の人格や、目指しているイメージと一致するようにすること。

いくつかの簡単なコツを実践すれば、服装を劇的に改善し、最高の第一印象を与えることができる。プロフェッショナルな服装をそろえるには初期投資が必要だが、主なアイテムをそろえたら数年は持つ。以下に、服装選びのコツを4つ紹介する。

1. お気に入りの服は仕立ててもらう


自分が気に入っていて、初めての人と会うときに頻繁に着るものに関しては、自分の体に完璧にフィットするようにあつらえてもらおう。サイズが自分に合っているかどうかは、服そのものと同じくらい重要だ。

美しいデザインの高級スーツも、ぶかぶかでだらりとしていれば格好がつかない。その逆も然りで、安いスーツであってもサイズがぴったり合っていれば見栄えが良くなる。

2. 服をきちんと手入れする


服やアクセサリーが最高な状態を維持できるよう、決まった洗濯方法に従うこと。ポリエステルや綿、リネン(亜麻布)、カシミヤ、アクリル、ナイロン製の服の中には、ドライクリーニングしかできないものがある。革製の服やバッグを新品同様の状態を保つには、革の種類に合わせた適切な手入れが必要だ。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ