Close RECOMMEND

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

ナイキとの契約金は10億円以上といわれる。大坂の「うつ」告白後、ナイキは社をあげてサポートを継続する以降を表明。

大坂なおみは企業にとって、理想的な市場価値をいくつも持っている。類まれなる言語能力に加え、多様性も有している。時代と合致するその秘密を、米ニューヨーク・タイムズ紙などに執筆する気鋭の米国人テニス記者が、日本のフォーブス読者のために特別に解説!


依然、彼女の英語話力は日本語よりはるかに流ちょうではあるが、大坂なおみの最大の市場価値は、その“言語化する能力”にあると言えるだろう。

不鮮明な消費者層の開拓を望むブランド企業の間では、大坂を、このうえない試金石として目する向きはますます強まっている。

日本とカリブにルーツをもち、アメリカで育った大坂は、3つの市場を無理なく獲得している。加えて彼女は、ヨーロッパで最も人気のあるスポーツのひとつであるテニスにおいて、現在、最大級のスターなのだ。

それゆえに彼女は、欧州というもうひとつの大きな市場においても、大きな訴求力をもつ。このような大坂の超越性は、マスターカードのような企業にとっては、さらなる市場開拓の可能性を意味する。

彼女の知名度と市場価値があれば、世界中のどの地域でも、ブランドアンバサダーを務めることができるからだ。

加えて彼女の職業は、世界中を飛びまわることが大前提の、テニス選手である。

ツアーのスケジュールにうまく合わせさえすれば、メルボルンからマイアミ、そしてマドリードにいたるまで、世界中で商品のプロモーションをしてもらえるのも利点だ。

特にアメリカでは、多くのブランド企業は年配の白人男性によって運営され、そのような層の関心と欲求を標的としてきた歴史がある。対して大坂は、若く、文化的に多様性のある女性であり、しかも世界最高のアスリートのひとりなのだ。

近頃の大坂は、個人的なことから政治的な問題に至るまで、率直に発信するようになってきている。

それでも、スポンサーの価値を毀損することがないのは、彼女が自身の立場や目的意識を、慎重に配慮した上で行動しているからだ。

そしてそれは、彼女自身と彼女の“チーム”が、スポンサーを選ぶ時の姿勢でもある。例えばナイキは、社会的に先進的な倫理観をもつブランドであり、大坂が旗幟を鮮明にした際には支持してくれるパートナーでもある。

文=ベン・ローゼンバーグ 翻訳=内田暁

大坂なおみブランディング

PICK UP

あなたにおすすめ