Close RECOMMEND

大人のFUN-LIFEをサポートするファッション&ライフスタイル誌

フォルクスワーゲンが30年以上も前に製造したゴルフII。日本でも未だに根強い人気を誇り、最近では20代の若い世代からも熱視線を集めているという。

「ゴルフIIを一生乗れる車に」という惹句をうたい、修理と中古車販売を行う日本唯一のゴルフII専門店「スピニングガレージ」が神奈川県相模原市にある。国内に1台しかない限定車を始めとした珠玉の車たちを拝見しに、店主・田中延和さんを訪ねた。


田中延和さん●日本唯一のゴルフII専門店「スピニングガレージ」の店主。大の自転車好きでもあり、週末はゴルフにマウンテンバイクを載せてアウトドア遊びに興じる。

「スピニングガレージがなければ、愛車を手放していた」


フォルクスワーゲンから初代「ゴルフ」が発売されたのは1974年。以来、モデルチェンジを繰り返し、最近では最新の8代目が日本でも発売されたばかり。ワーゲンの顔を約40年も担ってきた超人気車種である。

スピニングガレージが扱っているのは、1983年から1992年の間に製造された2代目の“ゴルフII”限定で、愛好家の間では“聖地”として広く知られている。これまで修理してきた数は2000台にものぼるという。

「突撃、隣のキャンプカー!」に登場した土田拓也さんの愛車、ゴルフカブリオレ・クラシックも田中さんが修理を重ねてきた。土田さんは、「スピニングガレージなくしては16年の付き合いは無理だった」と語ったが、それも決して大げさではない。

専門店だからこそ、信頼して愛車を託される


田中さんの仕事は修理がメインだが、買取、販売も行っており、ガレージには、珠玉のゴルフIIが所狭しと並んでいる。

例えばこの車。走行距離はまだ1万kmだが、もともとはあるおばあさんの愛車だったそうだ。



「個人情報なので詳細は控えますが、このゴルフは、あるおばあちゃんが大切に乗っていた『GLi』。“人に譲るよりも、スピニングガレージのほうが安心して任せられます”と連絡をいただいたんです。引き取りに行ったら、車体に毛布がかけられた状態で納屋に保管されていました。本当に持ち主に愛されていたんだなぁ、ということがひと目でわかりましたね」。

そんな逸話を聞けば、そのフロントマスクが一層愛らしく見えてくるではないか。30年以上の歴史を持つゴルフIIだからこそ、田中さんのガレージで販売される車の多くにこうした歴史とストーリーが詰まっている。

写真=山本 大 取材・文=ぎぎまき

OCEANS × Forbes JAPANフォルクスワーゲン
VOL.37

リゾート開発は自然を壊す? 星のや・代表の...

VOL.39

自宅で過ごす夏こそグッと楽しくするデイリー...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ