科学技術の未来、文化について執筆

Getty Images

7月20日の午前8時12分(米国中部標準時)、ブルーオリジンのニューシェパード宇宙船が、宇宙カプセル「RSSファーストステップ」とその乗組員を打ち上げた。カプセルの中には21年前にブルーオリジンを設立した、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスもいた。

ベゾスは打ち上げ前に公開されたビデオで、今回のフライトが「生涯をかけてやりたいと思っていたことだ」と語った。彼は、兄のマーク、顧客のオリバー・デーモン、かつて女性宇宙飛行士のパイオニアとなることを目指した82歳のウォーリー・ファンクらとともに宇宙に向かった。

null
Getty Images

2000年の設立以来、ベゾスはブルーオリジンに推定75億ドル(約8240億円)の自己資金を投入してきた。同社は、リチャード・ブランソンやイーロン・マスクが経営する宇宙企業とは異なり、外部の資金を受け入れていない。

ブルーオリジンの宇宙開発は、時間をかけて着実に進んできたが、これは同社のモットーが、ラテン語で「段階的に積極的に」を意味する"Gradatim Ferociter"だからだとされている。同社のマスコットは、イソップ物語の中でウサギとの競争に勝った、粘り強さを持つ亀だ。

null
Getty Images

同社は2005年に初の試験機を飛ばし、2006年には初のロケットを打ち上げた。しかし、ニューシェパードの弾道飛行システムの最初のテストが行われたのは2012年になってからで、その際にはパッド脱出システムの試験が行われた。

その3年後、同社はニューシェパードシステムの最初のフルテストを実施した。ロケットの打ち上げは成功し、カプセルは分離して無事に着陸したが、ブースターロケットは墜落して破壊された。

その数ヵ月後の2015年11月、ニューシェパードの2回目のテスト飛行が成功し、ブースターは無事に着陸した。これは宇宙に行ったロケットが地球に戻ってきた初めてのケースだった。

ブルーオリジンは、その数ヵ月後の2016年1月にも、前年11月に打ち上げたのと同じロケットを再利用して打ち上げて着陸させ、再び歴史を作った。同社は20日の有人飛行の前に15回のテスト飛行を行い、今回打ち上げたロケットとカプセルは、過去に2回の飛行に成功していた。

18歳の投資会社CEOの息子


2021年6月、ベゾスは弟のマークと一緒に宇宙へ飛ぶことを発表し、7月1日には82歳のファンクがフライトに参加することを発表した。4人目の乗客は当初、オークションで2800万ドルで座席を落札した人物になる予定だった。

null
マーク・ベゾスとジェフ・ベゾス(Getty Images)

しかし、この落札者が搭乗を辞退したため、18歳の物理学の学生のオリバー・デーメンがその席に座ることになった。デーメンは、投資会社サマセット・キャピタル・パートナーズのジョーズ・デーメンCEOの息子で、彼は父から席を譲り受けた。

null
Getty Images

20日の打ち上げは、予定よりも数分遅れで午前8時12分に、テキサス州ヴァンホーン近郊にある同社の発射実験場で実施された。打ち上げから数分後、カプセルはブースターロケットから分離し、地表から100km以上の高さで頂点に達した。乗組員らは約10分間の宇宙飛行を行った。

クルーたちは宇宙空間でシートベルトを外し、束の間の無重力状態を体験した。その後、彼らは座席に戻り、シートベルトを締め直すと降下を開始した。カプセルは午前8時24分に無事着陸し、その数分後に乗組員が地上に戻った。

null
Getty Images

飛行中、ブルーオリジンのミッションコントロールは、各宇宙飛行士に状況を尋ねていた。ベゾスの答はとてもシンプルなものだった。「ハッピー、ハッピー、ハッピー!」と彼は叫んでいた。

編集=上田裕資

ジェフ・ベゾスブルーオリジン宇宙

PICK UP

あなたにおすすめ