大人のFUN-LIFEをサポートするファッション&ライフスタイル誌

新しい形のリゾートがヨーロッパを中心に増えている。そう教えてくれたのは、国内外で多くのリゾートや温泉旅館、シティホテル、スキー場を経営する総合リゾート運営会社「星野リゾート」で代表を務める星野佳路さんだ。

星野さんの話す大自然と調和する“環境共生型リゾート”とは一体どんな形態なのか?詳しく伺った。

今、大自然と同化して建つリゾートが増えている


北欧のノルウェーに建設中のオーロラを部屋から見られるリゾート、周囲を野生動物が行き交う南米パタゴニアの国立公園近くのホテル、砂漠に溶け込むように建つアフリカのロッジ。

これらは一例にすぎないが、いずれも海沿いにひしめく形で高層ホテルが乱立するワイキキのようではなく、周囲の自然と景観美に意識的に配慮しながら、ひっそりと建っているところに特徴を見る。

数年前に訪れたタヒチで知ったリゾートのことも思い出した。それは現地のガイドに教えてもらった「ザ・ブランド」。

タヒチ本島から50kmほど離れたテティアロア環礁に浮かぶアイランドリゾート(写真の最も手前の島に立地)で、アクセスは本島からのホテル専用機を使ってのみ。宿泊客だけが上陸可能な島は透明度の高いラグーンに囲まれ、その美しさから、かつてタヒチ王族が避暑地に選んでいたほどだった。

のちに故マーロン・ブランドがやはり美しさに見惚れて島を所有。逝去後、2014年に名優の名を冠して誕生した同リゾートは、太陽とバイオによるエネルギーを島内で生産し、深海水による冷房システムを導入するなど、周辺環境を保護し、守り続けることを課題としている。

この「ザ・ブランド」のような、ツーリズムという経済活動によって美しい自然を汚さない“環境共生型”リゾートはなぜ増えているのか。1980年代から世界中のリゾートを自ら闊歩し、リーダーとして「星野リゾート」を牽引する目から、現在の潮流を教えてもらった。

自然環境を守るためのツーリズムの形とは?


近年、なぜ環境共生型リゾートは増えているのか。そう問うと、星野さんは「環境を保全するため」と答えてくれた。環境を保全する資金をツーリズムという経済活動で得るというのである。

「ヨーロッパのアルプスもアメリカの国立公園も、保護と活用を両立してきました。観光として活用するから経済効果が生まれ、収益の一部が活用や保護のために使われる。

活用のためには掲示板の多言語化や遊歩道の設置など環境整備が必要ですし、保護には研究や保護活動などが必要です。これらの資金を日本は税金で賄ってきたのですが、海外では“エコツーリズム”という経済活動でお金を循環させてきました」。

写真=THE BRANDO 編集・文=小山内 隆

OCEANS × Forbes JAPANツーリズム星野リゾート
VOL.36

「裏切られて」ニヤッとしてしまうグランピン...

VOL.38

ゴルフⅡはいつの間にツウな車になったのか? ...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ