I write about how bitcoin, crypto, and fintech are changing the world.

(C)Decentral ブロックチェーン会社Decentralの創設者兼CEO アンソニー・ディ・アイオリオ

イーサリアムの8人の共同創設者の一人で、古くからのブロックチェーン会社Decentralの創設者兼CEOビットコイン支持者として知られるアンソニー・ディ・アイオリオ(Anthony Di Iorio)が、暗号通貨の世界から引退すると宣言した。

このニュースは7月16日にブルームバーグが最初に報じた。ディ・イオリオは、2013年にイーサリアムの立ち上げに出資者として参加し、2018年のフォーブスの「暗号資産分野の富豪ランキング」で彼の保有資産は7億5000万〜10億ドルとされていた。

彼は、自身の身の安全に不安を感じていると述べ、「多くの場合、暗号通貨は世界が必要としているものではない」と警告している。

「暗号通貨は、世界が必要としているもののごく一部だ」とディ・イオリオはブルームバーグに語り、「私は暗号通貨の専門家になるのではなく、さまざまな複雑な問題に取り組む人物になりたい。必要に応じて暗号通貨とも関わるが、多くの時間は割かない」と述べている。

現在46歳の彼は17日のコインデスクの記事で、暗号通貨から離れるという決断によって、身の安全に関する不安が軽減されると語っている。ディ・イオリオは2017年以来、身辺警護を専任のセキュリティチームに任せており、旅先には常に警備スタッフが同行している。

ビットコインと暗号通貨の価格が数千パーセントも高騰し、多くのアーリーアダプターは莫大な富を得ているが、そのせいで彼らが犯罪者や窃盗犯の標的になるケースも増えている。また、暗号通貨は匿名性が高いため、警察が盗まれた資金を回収できない場合が多いのも事実だ。

報道によると、ディ・イオリオは、来年中にトロントに拠点を置く自身の会社Decentralを売却し、慈善財団を設立することを検討中という。また、パラグアイの国会議員でビットコイン支持者のカルロス・レハラのコンサルティングをしながら、ゼロエミッション車の会社に関わっていると報じられている。

Decentralの評価額は数億ドルに達する可能性があるが、ディ・イオリオは、暗号通貨で会社を売却することは否定しており、法定通貨や株式での売却を望んでいる模様だ。

昨年、イーサリアムの価格は、分散型金融(DeFi)への関心の高まりを受けて急上昇した。DeFiは、貸し出しや保険などの多くの伝統的な金融サービスを、イーサリアムのブロックチェーン上の暗号通貨テクノロジーに置き換えることを目指している。

編集=上田裕資

ビットコイン

PICK UP

あなたにおすすめ