ヘンリー王子とメーガン妃 /Getty Images

米国テレビ界の優秀作品を表彰するエミー賞の候補作が13日発表され、「司会者ありノンフィクションシリーズ・スペシャル番組」部門に、オプラ・ウィンフリーによるヘンリー英王子とメーガン妃のインタビュー番組(CBSテレビ)がノミネートされた。

2時間のインタビューで、夫妻は昨年の王室離脱の経緯などについて自分たちの立場から説明した。そのなかでは、生まれてくる子どもの肌の色の濃さについて王室メンバーから懸念された、メーガン妃が自殺も考えていた時期にメンタルヘルスの治療要望を王室側に拒まれた、王室側はメーガン妃を英メディアによるネガティブな報道から守らなかった、といった主張をし、波紋を広げた。

番組は今年3月に放送され、米国では約1700万人、英国では1130万人が視聴した。受賞すれば、ウィンフリーにとっては2度目のエミー賞獲得になる。

英王室関係の番組ではこのほか、ヘンリー王子の母親、ダイアナ元妃を描いたドラマ「ザ・クラウン」(ネットフリックス)の第4シーズンも24部門でノミネートされた。

ウィンフリーによるインタビューは、ハリー王子とメーガン妃が昨年初めに北米に移住してから初めて応じたインタビューだった。放送後、王室が出した声明のなかで、エリザベス女王は「夫妻がどれほど困難だったかを知り、家族全員が悲しんでいる」とし、人種の問題はとくに懸念されると言及した。

ハリー王子は以後、4月に営まれた祖父フィリップ殿下の葬儀と、今月行われたダイアナ元妃の記念像除幕式で王室メンバーと再会している。

編集=江戸伸禎

PICK UP

あなたにおすすめ