Close RECOMMEND

I cover career advancement, career change, and entrepreneurship.


パートタイムになるデメリットは、時間を節約しているというよりも単に収入を減らしているだけだということだ。

勤務時間ではなく、業績や特定の業務領域に応じて報酬が支払われる人の場合、パートタイムの従業員になっても期待される成果はそれほど変わらないかもしれない。また、休みの日に連絡を受けることもあるかもしれない。パートタイムの地位を守るには、断固として境界線を守ることが必要になるだろう。

会社勤めではなく起業を選ぶべきか?


もう一つのキャリアパスに、従来型の雇用(つまり他者のため働くこと)から、事業の構築やフリーランサーとしてギグ(単発や短期の仕事)をこなすことなど自営業に移行することがある。

この道を選べば、スケジュールや責務、サービスを提供する人などを選べ、自分に合ったキャリアを設計する柔軟性が最大限持てる。収入の限界を決めるのは、どれほどビジネスを生み出せるかという点のみだ。

最高経営責任者(CEO)になることは、中間管理職や一般社員のときと比べると充実した変化かもしれないが、こうしたメリットには事業構築のリスクが伴い、販売や価格設定、マーケティングを自分で全て担当しつつ、さらに業務も行わなければならない。

事業を立ち上げるため、あるいは新たにフリーランサーとして契約企業を探すためには時間とエネルギーが必要だ。売れるまでは稼げないので金銭的な損失があり、許可が必要な場合や設備、スペース、ウェブサイト、その他マーケティングなど起業のために出費が必要かもしれない。

また、起業したがやはり自分には向いていないと思っても従来の会社勤めにすぐに戻ることはできないリスクもある。

キャリアパスには複数あり、全てうまくいく可能性がある。

私は娘2人(今では成人だ)を育てる過程で上記の選択肢を全て試していて、会社勤めと会社勤めの間に1年近くの時間を取ったことやパートタイムで働いたことがあり、現在は事業を経営している。

複数のキャリアパスにはそれぞれうまく行く可能性がある。本稿の冒頭の質問に戻ると、答えは「満足できること」と「犠牲」をどのように定義するかによる。

あなたにとって、キャリアを満足できるものにする要素は何だろう? それがあなたの優先事項だ。また、犠牲や不要な負担に感じるものは何だろう? それがあなたにとっての境界線の定義だ。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ