I cover the intersection of business, health and public health.

Mark Makela/Getty Images

新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた人は、お酒でも飲んでお祝いしたい気分になるかもしれない。乾杯の1~2杯程度なら、飲んでも問題はないのだろうか?

【関連】コロナウイルスワクチンの本当と嘘

過度の飲酒は免疫系の働きを抑制し、ワクチンが提供する防御効果を低減させる恐れがある。「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ニュートリション」に掲載された総説(レビューペーパー)も、アルコールが免疫系に与える影響について、次のように説明している。

「アルコールは主要な免疫系細胞である白血球(Bリンパ球やTリンパ球、ナチュラル・キラー細胞、ヒト単球・マクロファージなど)の動きや機能、そして免疫系が重要な物質(サイトカインなど)を産生する能力を、低下させる可能性がある」

これは、私たちが過度の飲酒により、新型コロナウイルス感染症だけでなくその他の感染症にもかかりやすいなる可能性があることを示している。

では、「過度の飲酒」とは、どの程度の飲酒を指すのだろうか? 米疾病対策センター(CDC)によると、それに該当するのは、「短時間での大量の飲酒(ビンジ・ドリンク)」、または「一般的な大量の飲酒」だ。

CDCが定める基準では、ビンジ・ドリンクは2~3時間のうちに、女性の場合で4杯以上、男性の場合で5杯以上を飲むこと。一般的な大量の飲酒は、1週間に女性で8杯以上、男性で15杯以上を飲むことだ。

アルコール「1杯」は、例えばアルコール度5%のビールなら約355ml、アルコール度12%のワインなら約150ml、80プルーフ/アルコール度40度のスピリッツ:バーボン、ウォッカ、ジンなどの場合で約44mlとなる。

一方、適度な飲酒とされているのは、女性は1日1杯、男性は1日2杯までとされている。

新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験では、アルコール摂取がワクチンの効果にもたらす影響に関する調査が行われていない。つまり、この問題についての答えは出ていないということになる。

そして、アルコールの影響が気になるもう一つの問題が、ワクチンの副反応だ。

編集=木内涼子

コロナワクチン

PICK UP

あなたにおすすめ