Close RECOMMEND

for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、6月2週目の“注目のトピック”として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

SmartHR


調達額:156億円
調達先:Light Street Capital(リード出資) / Arena Holdings / Greyhound Capital / Sequoia Capital / Sequoia Capital Global Equities / Whale Rock Capital Management / シニフィアン
備考:2021.03.30以降の調達額・出資元をまとめて記載 / ニュースに記載の合計金額より推計 / 新株予約権の行使を含む / シリーズD / シニフィアンはTHE FUNDを通じて出資

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供するスタートアップ。

「SmartHR」は企業が行う入社手続きや雇用契約、年末調整などのあらゆる労務手続きを自動化、ペーパーレスで管理できるクラウド人事労務ソフト。

勤怠管理や給与計算システムなど、様々なサービスとの連携が充実している点も強みだ。

また、2020年9月より、組織状態の可視化・分析に活用可能な“従業員サーベイ機能”を提供開始している。

2020年11月にはサービス開始から5周年を迎え、登録企業数は30000社を突破した。

同社は、2018年6月に経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム“J-Startup”の対象企業として採択されている。

2021年6月、Light Street Capitalをリード投資家として既存株主・新規投資家を引受先とした第三者割当増資・新株予約権付社債によって約156億円の調達を実施。

今回の調達を通して、人材基盤の形成や幅広いマーケティング活動によって安定した事業成長を進める方針だ。

文=STARTUP DB

資金調達
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ