同社がサプライチェーンのオペレーションセンターを広州市番禺区に移転させたときには、商品の生産を請け負う工場のほぼすべてが、同時に移転したという。

そうした同社と工場の関係には、スペイン北東部ガリシア州に拠点を置くファストファッション・ブランド、インディテックスと上流から下流までの工程で生産を担う工場の関係に、多くの類似点があるとされている。

シーインはまた、中国広東省仏山市と南沙区に加え、ベルギーとインド、米国の東海岸と西海岸の6カ所に物流センターを構えている。さらに、ロサンゼルス、ベルギーのリエージュ、フィリピンのマニラ、中国浙江省義烏市と南京に、カスタマーサービス・センター7カ所を設置。合わせて1万人以上雇用している。

不振にあえいでいた英国のファストファッション・ブランド、トップショップが身売り先を探していると報じられたときには、実店舗での販売に乗り出すため、シーインが買い手に名乗りを上げるのではとの噂も流れた。

ただ、シーインは現在のところ、オンラインでの販売の他はポップアップストアを開設するにとどめている。最近では5月に、メキシコの首都メキシコシティにあるショッピングセンターにポップアップストアをオープンした。

編集=木内涼子

Z世代IPO

PICK UP

あなたにおすすめ