Close RECOMMEND

デジタル・トレンド・ハンズオン

アップルの年次開発者会議「WWDC 21」が開幕。iPhone向けのiOSを含む、秋にリリース予定の新OSのハイライトが紹介された。

アップルの年次開発者会議「WWDC 21」が米国時間6月7日に開幕した。秋に正式リリースを予定するアップル製品向けの新しいOSとサービスの内容が俯瞰できるイベントだ。

数多くの発表から次期iOSを中心にデジタルライフスタイルを大きく変えそうな新機能をピックアップする。独自取材により得た情報も加えながら、注目すべきポイントを解説しよう。

FaceTimeが「最も音のいい通話アプリ」になる


アップルは2010年にiPhone 4とともに、iOS標準のビデオ・音声通話アプリとして「FaceTime」を発表した。そして、同社によると世界中に新型コロナウイルス感染症が拡大した2020年以降、FaceTimeアプリは今までにないほど多くのユーザーに利用されているという。

現在はiOSとiPadOS、macOSにプリインストールされているこの定番コミュニケーションアプリが、ユーザーの期待を受けて大きく変わる。特にFaceTime通話の「音質向上」に大きく貢献するふたつの新機能に注目したい。

ひとつが「空間オーディオ」と呼ばれるもので、iPhoneやiPad、Macによる映画・音楽視聴環境に先行して採り入れられた、デバイスが再生する音声に自然な広がり感を生むアップル独自の技術だ。デバイスの内蔵スピーカー、またはAirPodsシリーズのイヤホン・ヘッドホンを組み合わせてFaceTimeによるビデオ通話に参加すると、あたかも通話の相手と向き合いながら会話を交わしているように聞くことができる。


空間オーディオ機能により、通話相手の声がまるで向かい合って話しているように感じられるほどクリアに聞こえてくる

もうひとつが「ボイスアイソレーション」。iPhoneやiPadなどデバイスの内蔵マイクによる集音指向性をコントロールしながら、機械学習のアルゴリズムによりノイズを選り分けてユーザーの声だけをピックアップする機能だ。例えば背後で家族が会話を交わしていたり、掃除機をかけていても生活ノイズを消音して、話者のクリアな声だけを通話相手に届ける。


背後に生活ノイズが聞こえていても、話者の声だけをクリアにピックアップする

文=山本 敦

AppleiPhone
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ