Close RECOMMEND

知っておきたいアメリカンポップカルチャー

Photo by Unsplash

COVID‑19の蔓延の影響で、ライブ音楽に接する楽しみからぼくらが遠ざかってしまって久しい。せめてライブを収録した映像作品で渇きを癒したいものだ。というわけで、個人的なおすすめライブ映画を10本チョイスしてみた。

奇しくも、というか何かの必然なのか、今年はライブ映画の10年に一度あるかどうかの当たり年。10本中4本が2021年に日本で劇場公開(予定も含む)される作品になってしまった。でも嘘ではなく、どれもお勧めなので是非チェックを!


1. セレブな避暑地が舞台 『真夏の夜のジャズ』

1958年に米東海岸のニューポートで開催された「第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバル」を記録したドキュメンタリー映画。大御所のルイ・アームストロングをはじめ、モダンジャズのセロニアス・モンク、ラウンジーなジョージ・シアリング、ヴォーカリストのアニータ・オデイなど、当時すでに多様化していたジャズを味わえる(ついでにロックンロールの王様チャック・ベリーも登場)。

そんな音楽と同じくらい魅力的なのが、観客たちの古き良きリゾート・ファッション。監督のバート・スターンがファッション写真家のためモデルらしき美女もちらほら。アメリカーナなジミー・ジェフリーで幕を開け、マヘリア・ジャクソンのゴスペルでしっとりと幕を閉じる構成も素晴らしい。



2. やはり圧巻のエルヴィス 『68カムバック・スペシャル』

エルヴィス・プレスリーが、7年ぶりに公の場で行ったライブ・パフォーマンスを収録したテレビ特番。かつては過激な若者として危険視されていたエルヴィスだったが、サイケとヒッピー全盛期だった当時はオワコン扱いだった。客席も「有名な人みたいだから見に来ました」的なビートルズ世代の若い観客が目立つ。結構なアウェイ状態である。

しかし、そんな逆境においても流石はエルヴィス。巧みな歌唱力と高止まりしたテンションで客席を引き込み、『監獄ロック』と『冷たくしないで』の2連発で大爆発。「キング・オブ・ロックンロール」の称号は伊達じゃない。一方、旧友のスコティ・ムーアやDJフォンタナとのリラックスしたセッションは「アンプラグド」の元祖の趣も。



3. 時代を象徴する観客たちのファッション 『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』

1969年8月にニューヨーク州郊外の農場で三昼夜にわたって開催され、40万人以上の観客を動員したとされる「元祖フェス」、ウッドストック・フェスティバルの全貌を捉えたドキュメンタリー映画。

ザ・フーやジミ・ヘンドリックス、CSNといったスーパースターから、ここでの演奏をきっかけにブレイクしたサンタナまで、出演者のパフォーマンスはどれも最高だけど、同じくらい印象に残るのは観客たちのサイケでフラワーなファッション。この時代を舞台にした映画の衣装デザイナーは大抵、本作をリファレンスにしているという話にも納得だ。


文=長谷川町蔵

映画ビートルズエルヴィス・プレスリーローリング・ストーンズ
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ