世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

WELgee代表 渡部カンコロンゴ清花

「未来の当たり前をつくるのは、いつだって若い力なのだ」。そんなコンセプトのもと、2018年から展開している「30 UNDER 30 JAPAN」も今年で4年目を迎える。

もちろん今年も、次世代を担う30歳未満のイノベーターを探し、その活動に光を当てていくが、一方で、過去に「30 UNDER 30」に選ばれたメンバーたちにも注目したい。

そこで、3年前の受賞者に30のことを聞く連載「30 Questions」を始動。幼い頃の話にその素顔を垣間見たり、3年の振り返りに未来を想像したり。短い回答にも、様々なインスピレーションが隠れているはずだ。

第三回に登場するのは、難民に特化した就労伴走人材サービス「JobCopass」や対話の場づくりを行うNPO法人「WELgee」代表の、渡部カンコロンゴ清花。その座右の銘、毎日のルーティンとは?


1. 最近見た映画、感動したのは?

「これからの人生(The life ahead)」

2. 好きなレストラン(カフェ)は?

近所にある、八百屋さんが運営してる野菜ビュッフェ「旬世」。クラウドファンディングでレストランをオープンしたストーリーも興味深い。モーニングはワンコイン&美味しさ満点栄養満点!!

3. 一番よく使うSNSは?

Facebook、Twitter、 Instagram、用途が全部違いますね

4. 小さい頃興味があったものは?

犬が何を考えているか(自由研究もこれ)

5. 小さい頃の将来の夢は?

看護師

6. 学生時代、勉強で苦労したことは?

サインコサインタンジェント。数字を扱うのは、いまもとても苦手です

7. 出身地は?

大きな浜松市に市町村合併されてしまいましたが、静岡県引佐郡三ヶ日町というみかんの町です

8. いま自分が10代だったらやっておきたいこと

フランス語マスター。いまからでも遅くないと思いつつ、毎年NHKテキストは4月号で断念(4年分溜まってます苦笑)

9. いまの仕事をしていなかったら、いま何をしていると思う?

JPO制度で国連で働いてるかな。もしくはラジオのパーソナリティー

10. ご自身の仕事、活動を行う中で一番好きなプロセスや時間は?

新しい出会いがあり続けること。さまざまな背景をもつ難民の若者たちのパッションも、自分が知らなかった機能や役割を担う仕事人との出会いも、驚きの連続です

渡部清花

11. 3年前から仕事面で最も変化したことは?

寝る時間と場所の確保ができている(笑) 創業当初は、1ルームに数名が入れ替わり居住していて、24時間関係なく何かに取り組んでいた気がします

12. 3年前から私生活で最も変化したことは?

新しい生命の誕生。息子と向き合う時間に自分の心が穏やかになること

13. この3年で一番自分を褒めてあげたかった瞬間

無痛分娩だったはずなのになぜか激痛(!)だった出産

14. この3年間で最も後悔したことは?

勇気を出して会いたいと連絡する前に、ずっと会いたかった方が亡くなってしまったこと。いまも、メールの下書きに残っているままです

15. コロナ禍で変わったことは?

自分の思考。常識の壁を壊してくれた

PICK UP

あなたにおすすめ