Close RECOMMEND

コロナ禍でリモートワークが中心になり、モニターを見続ける時間が増えたことで、目の疲れに悩まされている人が急増中。つらい目の疲れ、どうしたら改善する? そのコツを眼科医の井上佐智子先生がアドバイスします。

リモート環境の見直しを



1. 照明は明るすぎず暗すぎず


照明は、明るすぎても暗すぎても目の疲れを招くので適度な明るさに。暗い部屋で、パソコン画面の光だけで作業すると特に目に負担がかかるのでNG。

2. エアコンの風が当たらないところで


エアコンの風が目に直接当たると、目が乾燥してドライアイの原因に。パソコンデスクは、エアコンの風が直接当たらない場所に設置するのが正解。

3. 直射光をさえぎる


画面に光が映り込むと目が疲れるので、映り込まないように窓にはブラインドやカーテンをつける。

4. 加湿器を常備する


部屋が乾燥していると目も乾きやすいので、加湿器で適度な湿度をキープ。特に湿度が下がる冬は、加湿器の常備を。

5. 「肘の角度は90度以上」


肘が深く曲がると手首に負担がかかり、肩こりの原因に。また前のめり姿勢の予防のため、角度は90度以上を意識して。

6. 椅子に深く座り、足をつける


椅子に深く座り、足裏が床にぴったりつくと姿勢が安定し、疲れにくい。足裏がつかない場合は、足台を使用してみて。

7. 視線が下になるようディスプレイを配置


画面が目線より高い位置にあると、まぶたが開きすぎて目が乾きやすい。画面は目線より下に。



【下向き】
画面が目線より下にあると、まぶたで覆われる範囲が増え、目が乾きにくいのでドライアイ予防に。



【上向き】
上向きだと、まぶたが開きすぎてドライ アイになりやすいだけでなく、目に力が入って疲れやすい。

8. 画面は明るすぎない設定。ブルーライトカットフィルムを貼る


画面が明るすぎるとブルーライトの刺激が強くなり、目が疲れやすい。明るさは少し落として。ブルーライトをカットするフィルムを貼るのが理想的。

イラストレーション=本田佳世 取材・文=和田美穂 

メンタルヘルス

PICK UP

あなたにおすすめ