Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

ecbo代表取締役社長 工藤慎一

「未来の当たり前をつくるのは、いつだって若い力なのだ」。そんなコンセプトのもと、2018年から展開している「30 UNDER 30 JAPAN」も今年で4年目を迎える。

もちろん今年も、次世代を担う30歳未満のイノベーターを探し、その活動に光を当てていくが、一方で、過去に「30 UNDER 30」に選ばれたメンバーたちにも注目したい。

そこで、3年前の受賞者に30のことを聞く連載「30 Questions」を始動。幼い頃の話にその素顔を垣間見たり、3年の振り返りに未来を想像したり。短い回答にも、様々なインスピレーションが隠れているはずだ。

第一回に登場するのは、荷物預かりシェアリングサービスを展開する「ecbo」代表取締役社長の工藤慎一。その座右の銘、毎日のルーティンとは?


1. 最近見た映画、感動したのは?

「鬼滅の刃」無限列車編
マンガも読んでいたので内容もわかっていたのですが、改めて感動しますね……。人として大事なことを改めて考えさせられる作品でした。心を燃やします。

2. 好きなレストラン(カフェ)は?

カフェは、恵比寿フードホールをよく利用しています。ランチや読書、社員と1on1でよく利用します。レストランではないですが、「焼肉 静龍苑」に仲良しの友達と行くのが好きです。自分への頑張ったご褒美に、ここで食べるタンが大好きです。

3. 一番よく使うSNSは?

ツイッターとInstagramをよく使います。特にツイッターは、情報収集やecboユーザーへのお礼やヒアリングのお願いなどに利用しています。

4. 小さい頃興味があったものは?

サッカーと商売です。7歳からサッカーを始め、練習や試合でのハードワークを通じて、メンタルを磨くことができました。
商売は、小学3年生の時に日本にあるカードを仕入れて、中国のショップで売ることから商売の楽しさを知りました。

5. 小さい頃の将来の夢は?

経営者になることです。両親も経営者なので、その背中を追っていつしか自分も世の中にないものを創り出し提供することに興味を持ち、それが目標となっていました。

6. 学生時代、勉強で苦労したことは?

好きな教科はどんどん勉強し、興味のない教科はとことん勉強しなかった記憶があります。笑

7. 出身地は?

マカオです

8. いま自分が10代だったらやっておきたいこと

コンピューターサイエンスです。昨今の情報産業時代をより楽しく生きていけるように、そして自分の実現したいことの解像度を上げるために、コンピューターサイエンスを学んでいきたいです

9. いまの仕事をしていなかったら、いま何をしていると思う?

経営者以外に思いつかないです。ただ憧れとしては、サッカー選手の道もあれば、目指したかったです

10. ご自身の仕事、活動を行う中で一番好きなプロセスや時間は?

まだ誰も気づいていない「真の課題」を見つけ、その課題を解決するための方法を模索していく時間が好きです

11. 3年前から仕事面で最も変化したことは?

コロナによって、トレンド産業から大逆風に陥りました。まさにハードシングスをぎゅっと詰めた最中にいます。難しい時期ですが、乗り越えていきます

12. 3年前から私生活で最も変化したことは?


運動習慣がつきました。いままでは週2〜3だったのが、いまでは毎日何かしら運動しています。ランニング、筋トレ、サッカーなど

13. この3年で一番自分を褒めてあげたかった瞬間

常に課題だらけで、その瞬間はまだ訪れていません

14. この3年間で最も後悔したことは?

普段後悔はない性格ですが、コロナを受けた際の自分の意思決定についていまでも後悔が残ります

15. コロナ禍で変わったことは?

旅行客向けのサービスがメインなので、トレンド市場から大逆風に変化しました

PICK UP

あなたにおすすめ